体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

講演でわかったジャパネットたかた社長のハイテンションの理由

N-Styles

今回はブログ『N-Styles』からご寄稿いただきました。

講演でわかったジャパネットたかた社長のハイテンションの理由
九州大学ベンチャービジネスラボラトリーが開催する起業家セミナーに参加してきた。単位取得もできる大学の正式な授業として開催されたものだが、席が空いていれば部外者も参加可能となっていたので全15回中、2回だけこっそり潜り込んだ。

今回は2010年度の後期授業として、全15回開催され、各界で活躍する社会人が“働く”をテーマに講演を行った。演者の人選や招致は学生自身が行うという面白いシステムになっていて、キッザニアの社長や日経新聞の編集部長などバリバリ働いている方々に混ざって、ニートのpha氏が呼ばれるカオスっぷりがたのしい。

最終回の第15回は株式会社ジャパネットたかた代表取締役髙田明氏(以下、髙田氏)の熱い語りが堪能できた。

社長登場
予定より少し遅れて髙田氏が登場。就職説明会で午前中から福岡入りしていたが、そこで話が熱くなりすぎて時間が伸びてしまったそうだ。「テレビだと秒単位で管理されているけど、普段は時計を持たないので」とのこと。

「九大にこんなに簡単に入れるとは思わなかった。この間は東大にも入れた」と軽いジョークからスタート。髙田氏は、長崎大学の受験に失敗し、大阪経済大学に入学している。

先日から1か月限定で『Twitter』を初めている(アカウントは@A_TAKATA)という髙田氏だが、『Twitter』上でソフトバンクの孫社長と交流していたりする。『Twitter』でも営業トークをするのはさすがとしか言いようがない。

まずは、ジャパネットたかたを立ち上げるまでのエピソードから話し始める。スライドや原稿はなく、考えるまましゃべっているようだが、非常に分かりやすい。この原稿なしのトークが彼の理念と通じる部分があるのだが、それについては後ほど触れる。

ネジからカメラへ
真面目な学生というわけではなく、昼はパチンコ、夜はジャン荘の生活をしていたが、英語だけは真剣に勉強を続けていたという髙田氏は、“ネジを作る会社”に就職し、海外営業を担当した。当時は冷戦真っ最中だったが東欧へも出張し、ヨーロッパのほとんどの国に足を踏み入れ、8か月間のヨーロッパ滞在の後、25歳で地元の平戸(長崎県)へ戻る。

髙田氏の実家は写真屋だが、当時は今と違ってカメラの所有率が低く、フィルムカメラなので現像も必要だった。髙田氏は地元のホテルで開催される老人会などの会合にもぐりこんで、撮影しまくり、翌朝までに現像とプリントを終えて、その写真を売った。

髙田氏はそこで、「公務員はあまり写真を買わないが、婦人会や戦友会だと飛ぶように売れる。顧客の属性によって売上が変わる」というマーケティングの基礎を身につけた。これがその後の通販に生かされることになる。

また、恥ずかしがって写真を撮られたがらない客も、自分が写っている写真を見つけると欲しいという。顧客が何を求めているかを読み取り、満足してもらえることを提供してお金をもらうことを学んだという。

カメラ店の業績拡大
髙田氏は27歳で結婚し、3坪しか敷地がない店舗を任される。当初は1か月の売り上げが55万だったが、300万の目標を設定し、1年で達成した。その後も業績を伸ばしていく。たばこ店の店頭に看板を置かせてもらったり、工事現場を回って現像前のフィルムを集めた。しかし、全国チェーンの格安現像が進出してくる。品質を落とせば対抗できる。しかし、顧客に満足してもらうために、品質に拘り、満足のできない写真は焼き直していた。価格では勝てない。

そこで髙田氏は看板の宣伝文句を変更した。「今日出来ます」と。

朝にフィルムを渡せば、夕方にはプリントされている。大手では中1日、2日を要していた。顧客の心をつかみ、さらに業績を伸ばしていった。

ラジオの世界へ
次に髙田氏が目につけたのはビデオカメラだった。ソニーに頼み込んで特約店にしてもらう。平成元年に出たパスポートサイズ『ハンディカム』は19万8000円。これをどうやって売るか? 訪問販売にしてみた。お客さんの目の前で子供を撮る、テレビにつなぐ、ブラウン管に子供が映る。今となってはあたりまえのことだが、親は喜んで買ってくれる。月に100台売れて、ソニー社内でも話題になったという。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会