体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かわいすぎる代表取締役“もふくちゃん”こと株式会社モエ・ジャパン福嶋麻衣子さんインタビュー(後編)

もふくちゃんインタビュー

秋葉原の“いま”を語る上で外せないものが、萌(も)え系ライブ&バー『ディアステージ』と、アニソンDJバー『MOGRA』だ。そして、これら2つの店舗を運営するのが、モエ・ジャパンの代表取締役社長“もふくちゃん”こと福嶋麻衣子さん。新しい道を模索し続ける“もふくちゃん”が、『日本の若者は不幸じゃない』という本を出版した。「不幸じゃない」その言葉には何が隠されているのか、福嶋さんにお話を聞いた。

前編はこちらからご覧ください。

●コミュニケーションでものを売る時代

――『ディアステージ』にはどういう女の子たちが集まってくるのでしょうか。

福嶋:アニメソングシンガーになりたいか、アイドルになりたいか、そのどちらかが多いですね。他にも「何か面白そう」って入ってくる子もたくさんいます。高校行ってなかったりドロップアウトしてたり、教育システムに順応できなかった子たちたちが多いんです。

教育は人間本来の生っぽい部分を去勢してしまうと思うんです。それがない分、教育から落ちこぼれちゃった女の子の考えはめちゃめちゃ面白い。本質的なんです。

大学でレポート書いたりしてるうちには絶対に生まれない「その発想はなかったー」というようなことをウルトラCで軽々とやってくれる。表現にタブーがないんです。いわば天才たちですよ。そうやって出てきたものをどうやって生かすか、そういうところにやりがいを感じています。

『Dear☆Stage(ディアステージ)』
http://moejapan.jp/dearstage/

――『ディアステージ』に行ったときに、女の子がブロマイドのようなもの見せてくれたんです。全部手作りで、完成度の高いものではなかったんですけど、一生懸命作ったということが伝わってきて、女性の私でも応援したくなりました。

福嶋:今までは高価なプロモーションビデオを作って、宣伝打っていたら自動的に売れていた時代でしたけど、今はそんなことをしても誰の心にも響かない。でも目の前で女の子ががんばっていて、「買ってください」って言われたら、「ああ、買おうかな」っていう気持ちになりますよね。それがすごく今の時代に即してる。やっぱりみんなコミュニケーションを求めてるんです。

私は音楽そのものは無料でも良いと考えているんです。そのかわり音楽に関わるコミュニケーションの価値を重要視しています。今後の音楽ビジネスはどんどんコミュニケーションを重視したものになっていくと思っています。

●アキバランド化計画

――もう1軒『MOGRA』というDJバーをやっていらっしゃいますよね。こちらはどのような思いがあったんでしょうか。

福嶋:代官山に『Unit』、渋谷に『club asia』など、各街にひとつやふたつ、代表的なハコがあるのに、秋葉原にはなかったんです。秋葉原にも音楽文化を収容して、きちんと発信するハコが必要だったし、みんなも求めていたので、絶対に作りたいと思って『MOGRA』を作ったんです。

『MOGRA』
http://club-mogra.jp/

――『MOGRA』にはゲーム音楽のイベントに行ったことがあります。

福嶋:ゲームソングのイベントはすごく人気があるし、支持してくれる層がこんなにいると発見できただけでも、本当にあの店を作ってよかったです。

――次はどういったお店をやろうと思っているのですか。

福嶋:これまでは、音楽、音楽、ときたので、次は見る方、お絵かきとか二次元のメディアとか、見えるものの方に焦点を当てたものを作りたいと思っています。

もふくちゃんインタビュー

――『ディアステージ』や『MOGRA』の2号店のようなものは考えていないのでしょうか。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。