体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「引用」で許される範囲は? ゲーム実況はどこまでOK!? 福井健策弁護士に教わる著作権

k_fukui_01

各ネットサイトはもちろん、ブログや『Twitter』『Facebook』といったSNS、『YouTube』や『ニコニコ動画』のような動画投稿サイト、『Instagram』のような画像投稿サービス……あらゆるコンテンツに関わってくる著作権。最近では、「自分が投稿した画像が勝手に使われた!」といった問題や、「この動画を自分のサイトで紹介したいけれどどこまでがOKなの?」といったことで迷うことが増えているのではないでしょうか。

そういった著作権にまつわる疑問に対して、フリーライターで『日本独立作家同盟』理事長の鷹野凌氏が、福井健策弁護士に聞いた『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス)を刊行。それを記念したセミナー『クリエイター以外も知っておくべき権利や法律の話』が2015年5月18日にデジタルハリウッド大学大学院駿河台キャンパスで開催されました。

k_fukui_02

『著作権のことをきちんと知りたい人のための本』では、そもそも著作権が「自分の作品がどのように利用されるのか決定できる権利」であり、さらに踏み込んで「著作権を利用すればお金を手に入れることが可能です」と登場する“先生”が言及しているほか、クリエイターが作品を発表する際に気をつけることや、作品がパクられた時にどうすべきかなど、網羅的にわかりやすく解説されています。

「引用」が許される条件は?

セミナーでは、鷹野氏と福井弁護士が登壇して、「イベントの写真をブログに掲載して、バイラルメディアに無断で写真を使われてしまった。写真の下には小さく出典の表記やリンクがある。法的にはどのような問題があるか」という例について解説。
画像がネットで転載をする時には、コピーされているのか、リンクに過ぎないのかのどちらかなのかで違ってきて、コピーされている場合には複製権や公衆送信権の侵害になるといい、画像を埋め込んでリンクをしている場合は「場所を教えているだけでは著作権侵害にならない」と説明します。 
また、著作権法第30条の「私的複製」や第32条の「引用」における例外規定についても説明。「引用」には許可がいらず、それが認められるには、主従関係がはっきりとしていて「その画像などの引用される側が説明の補助的なものに留まる必要がある」といい、画像に一文だけで紹介するような「たいていのバイラルメディアはダメですね」と語りました。

SNSの埋め込みは利用規約でOK

k_fukui_03

最近ではニュースサイトでも増えている『Twitter』や『Facebook』などの埋め込み。どちらも、公式機能の外部サイトへの埋め込み機能を使えば、他人の投稿であっても誰でもサイトで利用できる利用規約になっているために「問題のない行為」だと解説。福井弁護士は「自分が使っているサービスの規約を一回くらいは読んだ方がいいが、読んで理解してもユーザーができることはサービスをやめることかどうかということくらい」と語り、インターネットユーザーによるサービス提供企業を監視する団体の重要性に触れています。

「ゲーム実況」の著作権的な扱いは?

k_fukui_04
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会