体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『夫婦フーフー日記』佐々木蔵之介×永作博美インタビュー

fufu1

17年という長い友だち期間をへて、ようやく結ばれた「ヨメ」と「ダンナ」。結婚1か月目に早くも子どもを授かるが、その5か月後、ヨメに悪性腫瘍が見つかってしまう。治療しながらも出産した彼女は、ダンナと二人三脚で怒濤の“育児&闘病生活”を始めるが、やがて旅立ちの日が近づいて──。佐々木蔵之介と永作博美が共演した映画『夫婦フーフー日記』は、実在の夫婦をモデルにした感動の物語だ。原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。笑いと涙が詰まった“493日の記録”を映像化するにあたり、若きコメディーの名手・前田弘二監督と脚本家・林民夫は、「死んだはずのヨメがダンナの前に現れて、共に過ごした時間を振り返る」というファンタジーを付け加えた。どうしようもない悲しみや切なさと、フィクショナブルな仕掛けがもたらす独特のユーモア。2つの要素が交差する世界観に、主演の2人はどう向き合ったのか? 役者としての思いを語ってもらった。

 

──『夫婦フーフー日記』、完成版をご覧になっていかがでした?

佐々木「シンプルな感想ですが、『あ、すごくいいな』と思いました。自分の出演作を観てそんな風に素直に楽しめることって、実はあんまり多くないんです。やっぱり、どこか冷静には観られない自分がいますので。でも今回は、1つの画面内に今の自分と過去の自分が同時に存在しているシーンがたくさんあったりして、撮影の手法自体がかなりチャレンジングだったでしょう。現場でも『一体どんな仕上がりになるんだろう』って、内心ドキドキしてた部分が大きかったんですよ(笑)」

永作「本当にそうでしたね(笑)。それが完成した作品を観たら、とってもいい感じで混ざり合っていて……」

佐々木「そう。『なるほど、こんな風に作ってくれたんだ』って、感心したんです。もちろん、描かれているテーマ自体は悲しいことなんですけど、ただ泣けてしまうだけじゃなく、笑いとかオカシミとのバランスもすごく素敵で……。出演者の僕が言うのも何ですが、いい映画になって幸せだなと」

永作「うん。観終わった後で、不思議な充実感があるんですよね。『あー、面白かった!』と笑顔がこぼれてるんだけど、でも同時に涙も溢れてる──みたいな。こういう作品って珍しい気がします。あと私は、映画全体に流れるフラットな感覚もすごく好きでした。今回、私が演じさせてもらったユーコさんは、出会って17年目でダンナさんと結ばれ、入籍1か月後に子供を授かったと思ったら、すぐガンが見つかってしまう。言ってみれば、怒濤のような人生を送られた方です。普通の作り手なら、彼女の人生をじっくり丁寧に描いていくと思う。だけど『夫婦フーフー日記』の中で流れている時間はどこかリアルというか……日常そのままという印象を受けたんですね。私にとってはそこが大きな魅力でした」

佐々木「しかも上映時間が97分と、今のスタンダードと比べると短いでしょう。それがまたいいんですよね!」

永作「本当にそう! 怒濤の夫婦生活があっという間に終わってしまう儚さというか、『時間って限られてるんだな』って実感させてくれる。そこも印象的だと思います」

fufu2

──前田弘二監督は劇場公開デビュー作『婚前特急』(2011)や2作目『わたしのハワイの歩きかた』でとぼけた味わいがありつつキリリと引き締まった喜劇を作ってきましたが、その持ち味が存分に発揮されている感じですね。そして今回は何といっても、お2人の“オモロイ夫婦”ぶりがチャーミングでした。あのマシンガンのような掛け合いは、なかなか練習してできるものではないように感じたのですが……。

佐々木「まず、前田監督と林(民夫)さんが一緒に作られた台本のクオリティーが非常に高かったんですね。それこそ17年間の友人期間と493日の夫婦期間が、2人のやりとりを通じて怒濤のようにダーッと流れていく。内容はもちろん会話のテンポみたいなものも見事に再現されていて──決定稿を読むと、夫婦の“間”が浮かんでくる感じだったんです。なので、クランクイン前に一度永作さんとホン読みだけさせてもらいましたけど、基本的にはブッツケ本番。『ヨーイ、スタート』で撮っていきました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。