体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

300万ダウンロード突破『Jコミ』が目指すもの – 赤松健インタビュー(前編)

Jコミ社長 赤松健さん

絶版となった漫画作品を広告入りPDFファイルにして無料でダウンロードできるようにする、という試みで話題となった『Jコミ』。既に300万ダウンロードを超え、広告モデルとしても一定の成果を確認できたようだ。仕掛けたのは人気漫画家の赤松健さん。「日本漫画の歴史的なアーカイブ」をつくることを目標として『Jコミ』を立ち上げた。確かに今、このままだと絶版になってしまった漫画は二度と読むことができなくなる可能性がある。果たして『Jコミ』はどのように進化し、漫画の歴史にどのような足跡を残すのか。サイトオープン直後、渦中の赤松健さんに様々な角度からじっくりお話をうかがった。(このインタビューは2010年12月におこなわれました。)

○登場人物
赤松健さん(漫画家。絶版漫画を広告モデルで電子的に配布する『Jコミ』を作った人)
深水英一郎(ガジェット通信)
長田恒司(ガジェット通信)
ピカ田チュー太郎(夕刊ガジェット通信)

●Jコミのビジネスモデル

深水 『Jコミ』さんがやっていることって、本来なら出版社さんがやるのが自然だと思うんです。もしかするとこの『Jコミ』のモデルを丸ごとパクって誰かに持って行かれる可能性ってあるんじゃないですか? 例えば出版社さんが「やっぱりうちがやりますよ」とか。

赤松 30%くらいの手数料を取ってですか? それがですね、『Jコミ』は特許を申請してるんですよ。通るかどうかは分かりませんけど。通るまで何年もかかりますし。

深水 どういう特許を申請しているんですか?

赤松 それはノーコメントです。とりあえず、他が「手数料をとってJコミと同じビジネスをやる」という場合、漫画家の利益がその分減っている。だったらうちが”0%”で全部請け負います。これに勝つのは、事実上無理ですよね。

深水 やっぱり「勝ちたい」っていう気持ちがあるんですか?

赤松 誰にですか?

深水 例えば出版社とか、同じ方向を向いている他の漫画家さんに。

赤松 ないですよ!(笑) 私は「懐かしいけど今は読めない『名探偵 荒馬宗介(あらまそうかい)』とかを読みたいな」っていうのが発端なわけですから。ブログにも書いたんですけど、桜多吾作先生の『マッハSOS』は6巻までしか出ていない。どうなっているんだ! 読ませろよ! と。『冒険王』には続きがちゃんと載っていたんだから。

深水 他の人が『Jコミ』を模倣したモデルをやることに対しては、戦いたいという意思が見えたんですけど。

赤松 その人が手数料取るようだったら、ですね。

深水 手数料を取るようなモデルだったら戦うと。

赤松 そうですね。それは差し止めはしますよ、と。

深水 手数料とらないモデルだったらどうします?

赤松 漫画家さんのことを考えてやっているようだったらOKで、サービスの良い方が生き残るって感じですね。

深水 その特許っていうのは抜け道がなく、このモデルに誰も手を出せなくなるようなものなんでしょうか。

赤松 それもノーコメントです。

●佐藤秀峰氏『漫画 on Web』との違い

深水 たくさんの媒体に露出してらっしゃって『Jコミ』については語り尽くしておられると思うのですが、少し角度を変えてお話をできたらと。

赤松 佐藤秀峰先生の『漫画 on Web』さんと比較したいという、例のお話ですね? 先日、『ガジェット通信』でも長い記事になってましたよね。佐藤先生をよく取材されたりするんですか?
※『漫画 on Web』:漫画家佐藤秀峰氏がつくったウェブで入稿から漫画の公開までできるサービス。漫画の有料公開も可能。http://mangaonweb.com/

1 2 3 4 5次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。