ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「真っ黒な八王子ラーメン」を食す! @東京都八王子市『ちとせ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は「八王子ラーメン」の中でも異色の存在である『ちとせ』を紹介してみましょう。

ちなみに「八王子ラーメン」とは、東京都八王子市で主流を占める「御当地ラーメン」の事で、長ネギではなく

「タマネギの微塵切りがON」

しているのが特徴です。最初は違和感がありますが、慣れてくると「タマネギの微塵切り」が無いと物足りなくなってしまうほど、病み付きになるラーメンなのです。

基本的には定食屋さんである

「八王子ラーメン」の店は、ほとんどの店がラーメン専門店で、餃子どころかライスすら無い店がほとんどです。

そんな中で『ちとせ』は異色の存在でして、ラーメン屋さんと言うよりは定食屋さん寄りのスタンスです。

むしろ、定食屋さんが「八王子ラーメン」も出していると言った方が正解かもしれません。なのでメニューも豊富で出前までやっています。

さらに、どの定食も「ボリューム満点で安くて美味しい」のが特徴です。

お客さんも他の「八王子ラーメン」の店とは違い、ガテン系率95%くらいの勢いで、ピークタイムの12時前後には満席になる事も珍しくありません。

サービス価格のセットメニューが嬉しい『ちとせ』

さらに麺類を頼むと「小カレーライス」などをオプションとして装備する事が出来ます。しかもお値段は350円と激安で御座います。

ちなみに筆者も「ラーメン」(430円)に「小カレーライス」(350円)をオーダーしてみました。

いや、店に入った瞬間「カレーの香りにやられた!」ってのもありますが、最近は「カツカレー」も研究しているので、カレー的な何かは必ずチェックする事にしているのです。

「八王子ラーメン」が黒い件の是非

そして『ちとせ』のラーメンを食す時が来ました。しかし、その前にあえて言おう!

「ラーメンが黒過ぎるだろ!!!」

いや、そう言えばメニューの端っこに書いてあったような記憶もあるのですが、初めてコレを見たらビックリしますね。

本当に真っ黒です……。

見た瞬間に富山の御当地ラーメンである「富山ブラック」が思い浮かんだのは筆者だけでしょうか?

恐る恐るスープを頂いてみると… 思ったほど塩っぱくないような?

しいて言うなら「香ばしさ」がガツンと来るスープですね。このスープには確実に「タマネギの微塵切り」が合います。

出来る事なら「ネギ増し」にしたいくらいですね。

スープには「カツオ節」などの「節系」の旨味も感じられ、ラーメンのスープとしては完成度が高いと思います。

そして、良く見てみると「タマネギの微塵切り」の上に、黒い点が… コレは確実に黒胡椒ですね。

『ちとせ』のラーメンは、やはり「富山ブラック」にインスパイアを受けていると思って間違いないでしょう。

ちなみに『ちとせ』のラーメンの黒さの秘密は「大豆と小麦の発酵熟成」による黒さだそうです。

入っている具材も個性的

他にも「うずらの卵」や「さやえんどう」などが特徴的ですね。

いや、逆に『ちとせ』が中華料理系の定食屋さんである事を考えれば、入っていても不思議ではないのですが、やはり「八王子ラーメン」として見ると異色な具材と言えるでしょう。

チャーシューは豚バラ肉です。

なかなか良い感じで、特に可もなく不可もなくなチャーシューですが、柔らかく煮こまれていて、普通に美味しいと思いました。

麺はスープに合わせて「平打ち麺」

他にも「八王子ラーメン」としては珍しく「平打ち麺」なのも特徴です。いわゆる「喜多方ラーメン」のような麺で、独特の食感から人気があります。

この麺が、また美味しいんですよね。

『ちとせ』の個性的なスープにはベストな組み合わせだと思います。

ちなみに筆者は「小田原ラーメン」で育ってきたので、この「平打ち麺」こそ至高の存在だと思っています。

『ちとせ』の麺は「平打ち麺」としては縮れは弱い方ですが、スープの運びも良くコシがあります。

「小カレーライス」が普通サイズな件

そして「八王子ラーメン」とは1㎜も関係のない『ラーメンちとせ』の「小カレーライス」ですが、あえて言おう!

「とりあえず麺類頼んだらカレーもGO!」

さして具のないカレーですが、ちゃんと豚肉は入っていたので文句無しです。

ジャガイモがゴロゴロしてなくても問題ないのですが、もしも肉類が一切「肉眼で目視出来ない」となると大問題です。

結構、こういう定食屋さんのカレーって好きなんですよね。

たまに食べたくなる味で、カレー専門店では満たされない何かが、この『ちとせ』のカレーライスにはあります。

『ちとせ』 総評

「八王子ラーメン」の中でも異色を放つ『ちとせ』ですが、筆者的には「非常に良い店を見つけたな」と思った次第です。

無論、その激安な価格設定も魅力のひとつですが、メニューの豊富さ、味、接客の全てが高評価ですね。

もしも近所にこんな良い店があったら、毎週日曜日は出前を取ってしまう事になるでしょう。

これは「八王子ラーメン巡り」をやるならば、絶対に訪れるべき名店と言っても過言ではありません。

それでは、みなさんも是非『ちとせ』に訪れて、その個性的な「八王子ラーメン」や美味しい定食の数々を食べてみて下さい。

『ちとせ』

住所:東京都八王子市南新町8
営業時間:11:00~20:00
定休日:土曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP