体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キヤノンがエントリー向けデジタル一眼レフカメラ『EOS Kiss X5/X50』など発売へ

EOS Kiss X5


キヤノンは、エントリー向けデジタル一眼レフカメラ『EOS Kiss X5』および『EOS Kiss X50』とそのレンズきっと、外部ストロボ2機種などを3月3日より順次発売します。『EOS Kiss X5』の本体カラーはブラックのみ、『EOS Kiss X50』はブラックとレッドの2色で展開します。価格はそれぞれオープン。

『EOS Kiss X5』は、約1800万画素の高精細CMOSセンサーを搭載。全自動撮影機能『シーンインテリジェントオート』や、動画撮影をより簡単に楽しめる機能を新たに搭載し、「撮る」「表現する」「見る・見せる」をさらに追求したエントリー向け高性能デジタル一眼レフカメラ。『EOS Kiss』シリーズ初となる『バリアングルクリアビュー液晶モニター』の搭載により、ハイアングルやローアングルでもモニターを見ながらアクティブに撮影できます。

EOS Kiss X5 バリアングルモニター

フルハイビジョン動画撮影機能を強化し、数秒単位で撮影した複数のシーンをつなげてBGMをつけたりショートムービーを作れる『ビデオスナップ』機能や、最大10倍までのズームが可能な『動画デジタルズーム機能』を『EOS』シリーズで初めて搭載。動画を撮影するだけでなく、観賞・共有する楽しさが広がります。

『EOS Kiss X50』は、約1220万画素高精細CMOSセンサーを搭載。イメージ通りの写真が撮れる『表現セレクト』機能や、明るさや背景のボケ味調整が可能な『クリエイティブ全自動』機能、クイック設定ボタンですばやく機能設定が行える『クイック設定』機能など一眼レフカメラ初心者をサポートするカンタン便利な機能を備えています。液晶モニターには、撮影モードや機能内容を分かりやすく説明する『機能ガイド』を『EOS』シリーズで初めて搭載。小型軽量ボディながら、大きくて使いやすいボタンやダイヤルを採用し、グリップを握ったまま片手操作が可能な『ワンハンドオペレーション』を実現しました。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会