ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絵本がお子様だけのものだなんて、誰が言ったの? 宮﨑あおいさんも絶賛のかわいいモンスター~マガジンハウス担当者の今推し本『パティシエのモンスター』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、マガジンハウスです。今日ご紹介したい一冊は、絵本です。「あら、うちの坊ちゃまにどうかしら」と思ったあなたも、「絵本ね、子供の頃にたくさん読んだよ、うん」とスカしてるあなたも、老若男女問わず楽しめる作品ですよ! この本を手掛けた、また『ハナコママ』編集長でもあるKさんにお話を聞いてみましょう。

――――Kさん、いつもハナコママ読んでます! この本、子どもたちの評判はいかがでしたか?
K 「実は出版の前、ゲラを何人かの園児たちに読んでもらったんです。そうしたら、もう食い入るように、のめり込むように読んでくれました」

――――食いつきいいですね(笑)。
K 「たぶん、この独特の色使いや登場するモンスターたちの形などに、直感的に惹かれたんだと思います。冒頭に、モンスターたちのキャラ紹介的なページがあるんですが、読み進んでいる途中でも、何度もそのページに戻っては、”これは○○だから、こういう性格だったよね!”などと再確認していたのが可愛かったです」

――――その、個性的なモンスターたちの産みの親は、『ココちゃん』シリーズのサカモトリョウさんですね! 私の周りにもココちゃんファン、います。
K 「そうなんです。サカモトさんは、子どもだけじゃなく大人の女性にもファンが多いんですよね。銀座の文具屋さんにもコーナーがありますし。可愛いんだけど、ファンシーすぎない絶妙さが、年齢を超えて愛される所以でしょうね。さっき独特の色使いと言いましたが、外国の匂いがするんですよ。日本より海外の絵本に近いセンスかもしれません」


紫や黄色……ビビッドなモンスターたちがセーヌ川でひとやすみ。

――――大人の女性といえば、この本の帯にある紹介文も、あの宮﨑あおいさんのコメントですし!
K 「宮﨑さんもココちゃんのファンで、この絵本を気に入ってくださって。本当に嬉しいです」

――――ところで、Kさんとこの坊やはもう読まれた?
K 「もちろん(笑)。うちの子はもう小学生ですが、そうなると絵だけじゃなく、文章を読む楽しさにハマるみたいですね。文のリズムがいいので、音読や読み聞かせにもすごく適しているんです」


いい感じの表情で熟読中のKさんご子息(小4)。

――――文は「かわむらげんき」とありますが、あの川村元気さんですよね? 『億男』とかの。
K 「そう、映画プロデューサーで、『世界から猫が消えたなら』や『億男』の作者でもあるあの川村さんです。絵本はこれまでも、『ティニー』や『ムーム』などいくつか書かれているんですよ」

――――とぼけましたが、『ティニー』はこのコーナーでも紹介してました(笑)http://getnews.jp/archives/727696[リンク]
K 「読みましたよ(笑)。『パティシエのモンスター』もね、シリーズ化できたらいいなあって思ってるんですよ」

――――おお、シリーズ化いいですね。今度はパリ以外の街に行っちゃうとか?
K 「ええ。ミラノやニューヨーク……冗談で、東京に来てお寿司握っちゃうってのもいいね、なんて(笑)」

――――『悪魔の毒々モンスター』みたいですね! 楽しみです。今日はありがとうございました~。

今週の推し本

■『パティシエのモンスター』
 かわむらげんき 作 サカモトリョウ 絵
ジャンル : 絵本
ISBN : 9784838727520
定価 : 1620円 (税込)
発売 : 2015.05.23
[http://magazineworld.jp/books/paper/2752/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP