ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティーヴ・ブシェミを日本に呼ぼうプロジェクト

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スティーヴ・ブシェミ

なぜ、そんなにもみんなからイジられる?
なぜ、彼を笑い者にする?
なぜ、常に「醜男(ぶおとこ)」の代名詞扱いを受けるのか…

スティーヴ・ブシェミは常にブサイクを前面に押し出した脇役に徹してきた。みずから進んでブサイクを売りにしていたのだろうか?
否…それはないと、筆者は力強く否定したい!
一度見たら忘れられないオーラを放っているから、需要のある顔なのだろう。脇役に彼のような俳優を添えることで、作品の中にそしてシーン一つにしろ唯一無二の余韻が残るのだ。
一度見た人は彼の名前を知らなくても、その顔を忘れることはないだろう。

脇役だからこそ必要になる “殺され演技”

ブシェミは、脇役専門だから当然殺される役回りが多くなる。
『デスペラード(1995)』では、冒頭であんなに強烈な印象を残しているにもかかわらず、話の半分も進まないうちに突然現れたダニー・トレホにいきなりナイフで刺され即死。
『ファーゴ(1996)』では、なんと斧で叩き殺され、ミンチにされるという無惨さ。

その辺を踏まえながら、この動画を見ていただきたい。

進化を遂げたスティーヴ・ブシェミ

さて、2000年に入って昨今ではテレビでの活躍が中心のブシェミ。監督をしたり『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』では主演をつとめ、受賞までしている。
その活躍ぶりに比例するように、ネット上では彼の顔を揶揄する写真(加工し、イジって作品にされる)が挙げられてる状況に、筆者はイマイチ釈然としない。
たとえ、それが人気の象徴であったとしても「ブシェミをバカにするな!」と筆者は声高に訴えたい?!

        ブシェミって、ハムスター顔?だっけ?!
スティーヴ・ブシェミ2

        こんな猫、よく見かけ…いやいや見ません、絶対!
スティーヴ・ブシェミ3

          ヒヨコになっちゃったーーー
スティーヴ・ブシェミ

          わりと普通のブシェミ。
スティーヴ・ブシェミ1

          よくみかけるgif画像
スティーヴ・ブシェミgif

“ディス・イズ・ブシェミ”なオススメ作品

個人的に映画における特別な時期が90年代だったことが起因しているのか、この時代に「This is BUSCEMI」な作品が多い。1990年代の彼がいつまでも筆者の中で一番輝きを放っているのだ。

ゴーストワールド(映画『ゴーストワールド』から イーニドが描いた絵)

−−−−− 筆者が選ぶ、「これぞブシェミだ!」的な作品5選 −−−−−

イン・ザ・スープ(In the Soup – 1992)
ブシェミ主役。1992年サンダンス映画祭でグランプリを受賞した知る人ぞ知る名作。『フラッシュ・ダンス』で当時アレクサンダー・ロックウェル監督の妻だったジェニファー・ビールスも出演している。映画製作の資金を出してくれるという小粋な謎のおじいちゃん(シーモア・カッセル)と映画監督を夢見るさえない男(ブシェミ)の物語。
チャチャチャを踊るブシェミがかわいい…

リビング・イン・オブリビオン/悪夢の撮影日誌 (Living in Oblivion – 1995)
『リアル・ブロンド (1997)』のトム・ディチロ監督作品。ディチロ監督がブシェミを主役に…と熱望して撮られたのが本作。朝早くの撮影でイマイチ落ち着かない売れない映画監督のニック(ブシェミ)。ワンカットの撮影のために俳優、スタッフ様々な人たちが入り乱れて「撮り直し、撮り直し」の大混乱状態。温和なニックもキレまくり…
キャサリン・キーナーが若くて美しい、彼女の脇毛も見どころ。『ハードロック・ハイジャック(1994)』と同じように長髪のブシェミがステキ。
(日本は未DVD化)

トゥリーズ・ラウンジ(Trees Lounge – 1996)
ブシェミ初監督作品にして、主演。長らく付き合っていた女性と別れ、失業中のトミー(ブシェミ)はいつも酒場に入り浸り酒に溺れている。
ある夏の日、急死した叔父がやっていたアイスクリーム売りの仕事をすることになるトミーは、別れた恋人の17歳の姪(クロエ・セヴィニー)と出会いただならぬ関係になっていく。
クロエ・セヴィニーの初々しさ…眩しすぎる。売れる前のサミュエル・L・ジャクソンも脇役で出演。
(日本は未DVD化)

ビッグ・リボウスキ(The Big Lebowski – 1998)
あまりにも有名なコーエン兄弟監督作品。これぞブシェミだ!といわんばかりに“背景になりきった役”に徹してる。
ジェフ・ブリッジスとジョン・グッドマンのヨタ話を聞かされ、2人のおバカな騒動に巻き込まれながら、いつも会話に口をはさむ隙さえ与えられない影の薄い男役。
コーエン兄弟作品の中で筆者一番お気に入り。

ゴーストワールド(Ghost World – 2001)
同名のコミック本の映画化、テリー・ツワイゴフ監督作品。こちらも『トゥリーズ・ラウンジ』についで中年男(ブシェミ)がティーンの女の子とただならぬ関係になっていく話。
大人しいオタク男が、キレた時の豹変ぶりが見どころ。だらだらと横断歩道を渡る親子にキレるシーンがいい!!
メイキングでツワイゴフ監督の奥さんが「浮気するとしたらスティーヴ・ブシェミ以外は考えられないわ」とまで言わしめる男なのである。

今後のブシェミ。実現させて欲しい「ブシェミ映画祭」

スティーヴ・ブシェミは、初監督・主演作 「トゥリーズ・ラウンジ」公開の際に来日しているが、それ以降は来日の声を聞かない。
この辺で再び来日を果たしてもらいたいものだ、多くの人たちがそれを待ち望んでいるのである。
実現するためには…?
手っ取り早い方法は、「ブシェミ映画祭」を開催することだ、筆者はそれを強く願う。
来日の話もまったくないうちに、筆者は早々に上映ラインナップまで妄想しながら、空港に降り立つブシェミの姿を思い描く毎日だ。

そして
スティーヴ・ブシェミを日本に呼ぼうプロジェクト
本日、この記事をもって発足したことをお知らせする。
(今のところ、プロジェクトメンバーは筆者のみ。ご協力いただける方は、筆者のブログに記載されているアドレスまでご連絡下さい。)

画像掲載元
トップ画像: http://www.reddit.com/r/SteveBuscemi/
おもしろいブシェミ画像4点: http://www.sadanduseless.com/2011/04/steve-buscemi-meme-is-getting-out-of-control/
gif画像: http://uproxx.com/webculture/2012/12/the-15-most-disturbing-steve-buscemi-gifs/#page/15
イーニドの絵:http://rhomany.org.uk/2011/05/02/art-journals-on-tv-ghost-world/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 風凛王(ぷー・りんうぉん)) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。