体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スティーヴ・ブシェミを日本に呼ぼうプロジェクト

スティーヴ・ブシェミ

なぜ、そんなにもみんなからイジられる?
なぜ、彼を笑い者にする?
なぜ、常に「醜男(ぶおとこ)」の代名詞扱いを受けるのか…

スティーヴ・ブシェミは常にブサイクを前面に押し出した脇役に徹してきた。みずから進んでブサイクを売りにしていたのだろうか?
否…それはないと、筆者は力強く否定したい!
一度見たら忘れられないオーラを放っているから、需要のある顔なのだろう。脇役に彼のような俳優を添えることで、作品の中にそしてシーン一つにしろ唯一無二の余韻が残るのだ。
一度見た人は彼の名前を知らなくても、その顔を忘れることはないだろう。

脇役だからこそ必要になる “殺され演技”

ブシェミは、脇役専門だから当然殺される役回りが多くなる。
『デスペラード(1995)』では、冒頭であんなに強烈な印象を残しているにもかかわらず、話の半分も進まないうちに突然現れたダニー・トレホにいきなりナイフで刺され即死。
『ファーゴ(1996)』では、なんと斧で叩き殺され、ミンチにされるという無惨さ。

その辺を踏まえながら、この動画を見ていただきたい。

進化を遂げたスティーヴ・ブシェミ

さて、2000年に入って昨今ではテレビでの活躍が中心のブシェミ。監督をしたり『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』では主演をつとめ、受賞までしている。
その活躍ぶりに比例するように、ネット上では彼の顔を揶揄する写真(加工し、イジって作品にされる)が挙げられてる状況に、筆者はイマイチ釈然としない。
たとえ、それが人気の象徴であったとしても「ブシェミをバカにするな!」と筆者は声高に訴えたい?!

        ブシェミって、ハムスター顔?だっけ?!

スティーヴ・ブシェミ2

        こんな猫、よく見かけ…いやいや見ません、絶対!

スティーヴ・ブシェミ3

          ヒヨコになっちゃったーーー

スティーヴ・ブシェミ

          わりと普通のブシェミ。

スティーヴ・ブシェミ1

          よくみかけるgif画像

スティーヴ・ブシェミgif

“ディス・イズ・ブシェミ”なオススメ作品

個人的に映画における特別な時期が90年代だったことが起因しているのか、この時代に「This is BUSCEMI」な作品が多い。1990年代の彼がいつまでも筆者の中で一番輝きを放っているのだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy