体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分自身の3Dフィギュアを作ってみた 今ならみんなもタダで製作できるかもしれないぞ!

フィギュア比較

有名俳優のデジタルデータを自由に利用して映画制作を行う未来世界を描いた、アリ・フォルマン監督の最新作『コングレス未来学会議』(6月20日公開)。未来のハリウッドでは巨額の報酬と引き換えに俳優らが引退。彼らがのほほんと余生を過ごす間もCG技術を駆使して次々と新作映画が公開され、その俳優が最も輝いていた頃の姿でイキイキと演技を披露し続けるのだ。

【関連記事】俳優の役割が自身のCGに置き換えられたら? 『コングレス未来学会議』の世界がちょっぴり怖い
http://getnews.jp/archives/910147[リンク]

※すべての画像が表示されない場合はコチラのURLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/970678

『コングレス未来学会議』公式サイト

ハリウッドが向かう先を予見したような風刺たっぷりの本作が公開されるのを記念し、現在、“あなたをスキャンした3Dフィギュア(15cm)”をプレゼントするキャンペーンが実施中。しかし中には、「最近3Dスキャンとか3Dプリンタとかを耳にするけど、なんだかよく分からない」という人も多いだろう。そこで、このたび筆者が身をもって自分自身の3Dフィギュア製作を体験してみたので、その模様をお届けする。

3Dスキャンを体験

IMG_1992

協力いただいたのは、3Dプリント技術のパイオニアである“アイジェット”。キャンペーンの当選者もこちらの会社でお世話になるから要チェックだ。

IMG_1868

3Dスキャンと聞くと、仰々しい装置が立ち並んで360度から何台ものカメラに撮影されるスタジオを想像していた筆者。しかし実際にはハンディの3Dスキャナを使い、5分ほどかけてグルっとスキャンするだけ。これで立体物が3Dデータに変換され、フィギュアや映像制作に活用できてしまうのだ。技術の進歩……すごい。

IMG_1804

顔の表情や髪の毛、履いている靴などの細かい情報は、別途撮影を行いデータ化。ポージングは自由だが、そのままの格好でしばらく耐えられることが条件となる。

IMG_1921

全身のスキャンと各パーツの撮影をあわせ、わずか10分程度で完了。これで今後はCGの自分が代わりに仕事をしてくれ……ではなく、あとはフィギュアの完成を待つだけ。データ編集、プリント、手作業による仕上げ加工の工程を経て、通常は1か月から1か月半ほどで完成するとのこと。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。