ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「子供は作らない」増田セバスチャン 『家系図カッター』発売イベント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dokidoki00.jpg

 日本の「カワイイ」カルチャーを代表するブランド「6%DOKIDOKI」。そのディレクター・オーナーを務める増田セバスチャンさんが、初となる著書『家系図カッター』(角川グループパブリッシング)を上梓。1月30日には、渋谷PARCO PART1で発売記念イベントが開催され、ブランドのアイテムで身を包んだ女性ファンたちが多数来場。特設会場がカラフルに染まった。

 増田さんは1995年、原宿で「6%DOKIDOKI」のショップをオープンした。同ブランドは中川翔子さんや、ほしのあきさんらに衣装協力していることで知られ、「カワイイ」をテーマにピンク色や水色を多く用いたファッション・雑貨を制作販売する。そのポップさは、熱狂的なファンを生み、海外のファンも多いという。
 そんな世界観を作りあげた増田さんが、華やかな経歴とは裏腹の、自身の家庭が崩壊していく様を赤裸々に綴った「超・個人的年代記」を発表したということで、発売前から注目が集まっていた。

■「カワイイ」のカリスマが「子供は作らない」理由

dokidoki02.jpg

 帯に「子供は作らない」という文言が踊る『家系図カッター』。料理をいっさいせずに、新興宗教にのめりこんでいった母・久美子や、知らないうちに離婚届を提出し中国人の愛人と結婚した父・オラちゃん、リストカット依存症だった妹ナッコとの暮らしが綴られ、そうした家庭環境を受け継がぬよう、「自分の血を複製したくない」、つまりは「子供は作らない」という。その一方で、90年代の渋谷・原宿のアンダーグラウンド文化、6%DOKIDOKI創業期についても、時系列に沿って語られている。

 『家系図カッター』は、1,300円。第一章は電子書籍サイト「パブー」でも読むことが可能。またYouTubeでは「あとがきにかえて」というドキュメンタリー映像が公開されており、書籍単体に留まらない展開を見せている。

【関連サイト】
家系図カッター 第1章無料公開
「家系図カッター」あとがきにかえて Youtube

ふじいりょう

【関連記事】
家出した息子が漫画家に\(驚)/ サンデー編集部に「真相」を聞いてみた
浅倉大介も初詣!「ニコニコ神社」に合計4,772人が参拝
カリスマ読モ・きゃりー、原宿のオススメは「アボガドバーガー」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。