ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】日本発!世界197か国で愛されるウェブブラウザ・アプリとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

habitbrowser_1日本発のウェブブラウザアプリが今、世界を席巻している。

notariによるAndroid ウェブブラウザアプリ「Habit Browser」が、世界197か国において、シリーズ累計40万ダウンロードを突破したと発表。Made in Japanの威力を、世に知らしめた。

人気の秘密は、軽快で簡単な使用感。クイックメニューなど、自分の思い通りに設定できる機能も装備されている。初心者から上級者まで、ユーザーのレベルを選ばない。幅広い層に支持されている理由は、そんなところにもあるのだろう。

1人のシステムエンジニアが、個人的に製作したアプリから始まった「Habit Browser」。産みの親である、notari、Habit Browserチーフエンジニアの木村 英実(きむら ひでみ)氏に話を聞いた。

・ユーザーのクセに左右されない快適なブラウザアプリ

Q1:まずは、「Habit Browser」開発のきっかけから、お聞かせください。

habitbrowser_2Androidは、どうしても機種によって画面サイズが違ったり、片手で使う人、両手で使う人など、人によって操作のクセが出てしまいます。

加えて、UIが固定されていたり、機能もPCのブラウザほどに多くないブラウザアプリがほとんど、という状況もありました。そこで、それぞれのユーザーの手になじむ、快適なブラウザアプリがあったらよいと思い、「Habit Browser」を開発したのです。

Q2:「Habit Browser」は、これまでのブラウザアプリと、どう違うのでしょうか。

habitbrowser_3大きく3つあります。1つは、豊富なカスタマイズ機能です。文字の大きさや、デザインテーマ、プライバシー設定まで、ユーザーの好みに合わせて、細かくカスタマイズが可能です。

2つ目は、シンプルで簡単な操作性です。カスタマイズ自体は、自由に細かく行えますが、基本的なインターフェースとしては、非常にシンプルな操作で完結するように設計しています。

最後は、国産のブラウザアプリだということ。ブラウザアプリは海外製が多く、英語だから使いづらいというユーザーの声もありますが、本アプリは国産アプリですから、アプリ内はすべて日本語に対応しています。

・海外のエンジニアも注目

Q3:実際にブラウザを利用したユーザーからの反響は、いかがなものでしょうか。

habitbrowser_4「自分好みにカスタマイズすると、もう手放せない」という声を、非常に多くいただいております。

また、「僕も一緒にプロジェクトに入れてくれないか?」という、海外のシステムエンジニアからの連絡もありました。

Q4:開発にあたって最も苦労されたのは、どんなところでしょうか。

豊富なカスタマイズ機能を備えつつ、シンプルで軽快な操作性を維持するという点に、いつも苦労しています。

Q5:今後の展開について、教えてください。

(今後は)PCのブラウザとのブックマーク同期や、OSに依存しないレンダリングエンジンの導入などを検討中です。

「世の中のユーザーに、より良い機能を届けていきたい」という木村氏の意向によって、リリースが決定した本アプリ。企業としても、世界中のユーザーが常時利用できるような、ウェブブラウザアプリをめざすつもりだという。これからどのように育っていくのか、楽しみだ。

Habit Browser

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。