ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【新製品】モニター角度が自由に動く、デジタル一眼レフ『ニコン D5000』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月14日、ニコンは新しいコンシューマー向け一眼レフデジタルカメラ『ニコン D5000』を、5月1日に発売することを発表しました。コンパクトカメラから一眼レフカメラにステップアップしたい人にもおすすめできるニューモデルです。

『D5000』の大きな特徴は、手前に180度まで開き、開いた状態で反時計回りに180度、時計回りに90度と、角度を自在に動かせるバリアングル液晶モニター。ローアングルからハイアングル、自分撮りまで多様なアングルで撮影ができます。また、初心者向けモデルらしく、19種類ものシーンモード機能、動画撮影ができる「Dムービー」や、記憶した被写体を追いかけてピントを合わせる「ターゲット追尾」などの機能も搭載。音をたててはいけないときの撮影に便利な「静音撮影モード」も、演奏会や寝ている赤ちゃんの撮影に役立ちそうです。

さらに、パソコンを使わずに画像処理ができる画像編集機能があるのも、初心者にはうれしい心遣いです。有効画素数は12.3メガピクセル。ISO感度は200~3200まで対応。レンズは別売ですが、同じく5月1日に『D5000レンズキット(AF-S NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR付)』『D5000ダブルズームキット(AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.505.6G VR、AF-S DX VR Zoom NIKKOR ED 55-200mm F4.5-5.6G(IF)付』が発売される予定。本体、レンズいずれもオープン価格です(このニュースの元記事はこちら)。
■ほかにもカメラ関連の記事あります
ニコン、最高峰の光学性能を追求したフラッグシップタイプ『EDGシリーズ』発売へ
ブレないカメラ! ステディカムを1,000円で作れるのか!?
カメラは小さな『部屋』から始まった:日本カメラ博物館
新革命!? 手ブレを “なかったことにしてくれる” カメラ登場
どんなデジカメも無線LAN対応になるEye-Fi Share

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。