体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

引退した『北斗星』も! 部品点数が多いプラモが目立つ第54回静岡ホビーショー

01_タイトルくまモン

模型の聖地静岡県で行われた『第54回静岡ホビーショー』を取材してきました。今年は、部品点数が多いプラモデルが目立ちました。また、数は少ないですが、有名キャラクターとのコラボレーションも目立っていました。

部品数1000点の『北斗星』DD51機関車

『株式会社 青島文化教材社』(アオシマ)のブースでは引退して久しいブルートレイン『北斗星』を牽引していた機関車『DD51』のディスプレイモデルがバイヤーの注目でした。最近のプラモデルは部品点数を減らして簡単に組み立てられる傾向にありましたが、今回のDD51はあえて昔のプラモデルっぽく仕上げたとの事です。部品点数が多いと組み立てる人の苦労ばかり取り上げられますが、業者も大量の金型を準備する必要があるのでとても苦労する商品でもあります。

あと、『北斗星』というと高級寝台列車の『トワイライトエクスプレス』と共に引退していますが、これは引退前から企画されていたとのことです。スポーツカーのような流線的な美しさとは異なる、「工場萌え」やコンビナート、プラントに通ずるメカ的な美しさに惹かれて商品企画されています。 

メインターゲットは鉄道が好きなモデラーですが、鉄道に興味がなくてもメカに興味がある人も誘惑する商品でもあります。

02_北斗星、DD51

これは、台車とエンジン(機関)です。 このようなパーツも全て組み立て式で、後から外すことも出来る構造です。

07_北斗星台車

部品点数1000点を超えるランナーです。これだけ細かい部品を組み立る「楽しさ」があります。カウンターに並んでいるのはDD51の実車から外された部品です。

06_北斗星パーツ1200点

エンジンや台車などの部品は組立後に取り外して楽しむことが出来ます。組み立てた後も単なる置物にならない楽しみ方を提案しています。

05_北斗星エンジン取り外し

エンジンもここまで細かく再現されています。

04_北斗星エンジン

運転台の空気感も出ています。新幹線は「コックピット」という感じですが、DD51は工場の操作盤と言った趣です。

03_北斗星運転台内部
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。