ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生豆から極上の1杯を!コーヒーをスマホで自家焙煎できるマシーンがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中は“サードウェーブコーヒー”ブームの真っ只中。ミル&コーヒーメーカーでこだわりの1杯を楽しんでいる人もいると思うが、せっかくなら自家焙煎にもトライしてみては?

このほど資金調達サイトKickstarterに登場したのは、自宅で生のコーヒー豆を焙煎できるマシーン「IKAWA」。スマートフォンのアプリで操作すれば、自分好みの“至極の1杯”が楽しめる。

・3〜10分で自分好みの豆に!

どんなにフレッシュなコーヒー豆を買ってきても、焙煎後はどんどん味やアロマが失われていくのは、周知の通り。

その美味しさをなるべく逃さないようにしたい、とイギリスのスタートアップが開発したのが“マイ焙煎機”のIKAWAだ。

IKAWAは、自分好みの煎り具合に調整できるというのがセールスポイント。豆をセットして煎り具合を専用アプリ(iOS、Android)で選び、ボタンを押せばわずか3〜10分で煎り上がる。

・レシピも豊富

アプリ内には浅煎りから深入りまで、さまざまなレシピが用意されている。また、焙煎の温度や長さもマニュアルで微調整できるので、まずはレシピでトライし、「もう少しコクがほしい」と感じたら焙煎時間を少し長めにするなど冒険もできる。

開発元によると、こうしたスマホ対応の焙煎機は世界初とのこと。フレッシュさを損なうことなくプロの味を楽しめるとあって、コーヒー好きにはたまらない。

気になる値段は、810ポンド(約15万円)を予定しており、高額なのが残念なところ。しかしKickstarterでのキャンペーンでは現在、500ポンド(9万2500円)の出資で入手できる。

すでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実となった。世界中どこにでも発送してくれるので、家飲みコーヒーを極めたい人は要チェックだ。キャンペーンは6月1日まで。

IKAWA/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP