ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国のアプリベンダーが自社のアプリを噂の「Galaxy Tab S2」に対応させる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近になって度々情報が伝えられている Samsung の次期フラッグシップタブレット「Galaxy Tab S2」について、その存在を裏付けることになりそうな情報が出てきました。それは、韓国のソフトウェアベンダー Hancom(旧 Haansoft)が同社の Office 互換文書作成アプリのアップデート内容に「Galaxy Tab S2」(のサポート)と記載していたことです。Samsung 純正アプリの記載ならこの名前の機種が存在することは確定したと言えるのですが、サードパーティアプリによる情報なので確定したとは言い切れません。しかし、現地の大手ベンダーが未確認の情報を記載するはずもなく、そう考えた場合、「Galaxy Tab S2」が存在する可能性は高いと言えます。Galaxy Tab S2 に関する公式情報はまだ伝わってきていませんが、噂では、8 インチモデルと 9.7 インチモデルが存在し、それぞれ、Galaxy Tab A シリーズと同様に 4:3 の画面比を採用していると噂されています。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note IIのAndroid 5.0アップデートは一部の国だけで実施予定?
9.7インチモデルの「Galaxy Tab S2」とされる画像と筐体サイズ情報が報じられる
Xiaomi、「Mi Note Pro」の内部構造も確認できる分解手順を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP