体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲストハウス宿泊のススメ。安いし友達できるし、最高!

エンタメ
01

先日東京から仙台まで1800円の深夜バスで行ってきたという記事を執筆させていただきましたが、格安移動をしたついでだから宿泊先も格安の場所にしてみよう!ということで、初めて「ゲストハウス」というものに泊まってみました。
こちらの宿泊費は5泊してなんと13000円!
とにかく安く済んだので良かったのですが、それ以上に貴重な体験がたくさんできたので、ぜひ紹介させていただきたいと思います。

ゲストハウスとは?

ゲストハウスといってもなじみのない人も多いことでしょう。
簡単にいうと『アメニティサービスを省き、その分安価になっている宿泊施設』のことを指すことが多く、割と日本全国に点在しているのです。
バックパッカーや海外からの旅行者などの利用が多いようですね。

ゲストハウスの設備

今回は仙台駅から徒歩10分くらいの距離にある『宿や萩』という施設を利用してみたのですが、まずはその設備を簡単に紹介します。

02

宿として使用するので最も気になるのは睡眠するスペースですよね。
こちらの施設では『ドミトリー』と呼ばれる相部屋になっていましたが、カプセルホテルのように1部屋に個人のスペースがいくつか確保されているような感じです。

03

中に入ってみると寝るのはもちろん、座りながら荷物を整理したりしてもあまり狭さを感じません。
開放感があるカプセルホテルみたいな感じですね。
間仕切りがしっかりしているのでプライバシー的な部分も大丈夫です。
ただ、いびきや目覚ましの音は聞こえてくるので、そのあたりは理解が必要です。

04 05

施設には自由に使えるキッチンや冷蔵庫、洗濯機がありました。
長期滞在をする人にとって、外食やコンビニ弁当が続けば食費がけっこうかさんでしまいます。
自炊が自由にできればかなり節約ができることでしょう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会