ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あまくてザクザク!! クロッカンシューザクザク原宿店ザクザクソフトを食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

月間9万本を売り上げるという新宿ルミネエストにある大人気スイーツ店『クロッカンシューザクザク』。5月3日(日)、原宿竹下通りに2号店がオープンし、原宿オリジナルスイーツ『ザクザクソフト』も登場しました。実際に行ってきたので試食レビューとともにご紹介いたします。

※全ての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/943046 [リンク]

クロッカンシューザクザク原宿店

竹下通りにある建物『CUTE CUBE』の1階にあり、外見は真っ黒。午前9時半頃にもちらほら人はいたのですが、あまーい香りに誘われ、10時開店間近になると、あっというまに30~40人ほどの行列が!

店内も“黒”を基調とし、高級ブティックのよう。ショーウィンドウ越しに香ばしく焼き上げられたシュー皮がずらりと積み上げられており、見ているだけでもよだれがでそうです。

ザクザクソフト

このたび発売されることとなった『ザクザクソフト』、まず初めて見たときは、その大きさに驚かされます。『iPhone6』と、クリームがでている部分がほぼ同じ大きさ。6巻き半で、アメリカのソフトクリーム機を使っているため、パワフルでボリューミーなソフトクリームに仕上がったそうです。

クリームは口当たりがとてもふわふわで滑らか。ザクザクソフトには、ゴロゴロしたアーモンドクランチがやわらかいクリームにびっしり付いており、ザクザクとしたアーモンドクランチとクリームの相性は抜群。コーンは薄く、サクサクとした食感で、クリームの甘さを引き立ててくれます。

クロッカンシューザクザク

かねてから話題になっているクロッカンシューザクザクにも、シュガーコーティングされたアーモンドクランチがちりばめられています。大きさは約20センチほど、棒状になっているので原宿の街を散策しながらでも食べやすいですね。

中を割るとこだわりのカスタードクリームがとろーり。ザクザクという食感とともに味わえる濃厚なカスタードがたまりません! クリームの湿気でシュー生地が湿ってしまうことがあるようなので、最高の食感を楽しむなら2時間以内にお召し上がりください。

また、カスタードクリームをつくり、シュー生地に充填する、大型真空調理口ロボットを使うことで、他では味わえない新鮮で美味しいカスタードクリームを提供できるのだそう。針のような管にシュー皮を刺してクリームを充填するのを見ることができるので、店舗で並んでいる間にぜひ覗いてみては。

素材のルーツは北海道!

クロッカンシューザクザクのルーツは、もともと北海道札幌の人気洋菓子店『きのとや』で人気のメニュー。素材には自然放牧の牛乳にこだわり、乳業メーカーなどを通さずわずかな日数で店舗に届くようにしているのだとか。さらに、シュー生地やクリームは店頭で作り販売しており、味わいだけでなく、栄養や新鮮さをなるべく損なわないよう工夫されているそうです。

これからの暑い季節にもぴったりなクロッカンシューザクザクの新しいスイーツ。訪れた際にはぜひ足を運んでみては。

【クロッカンシューザクザク原宿店】
メニュー:ザクザク 250円(税込)、ザクザクソフト 450円(税込)
開店時間:10:00〜20:00
アクセス:東京都渋谷区神宮前 1-7-1
JR 原宿駅 竹下口より徒歩約4分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前<原宿>」駅5番出口より徒歩約5分
公式サイト:
http://www.zakuzaku.co.jp/

mochimiの記事一覧をみる ▶

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP