体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】『文学フリマ百都市構想』とは!? 中の人に直接聞いてみた

bunfree_20150502_01

2002年より毎年定期的に開かれている創作文芸同人誌即売会『文学フリマ』。2015年5月4日には、節目となる第二十回の『文フリ』が東京流通センター(TRC)にて開催されます。
そんな『文フリ』が、2014年12月に発表した『文学フリマ百都市構想』。イベントを開催したいという有志を支援し、様々な地域で『文学フリマ』を開催をすることを目的にしており、希望者は申込受付・出店料決済システムやWebカタログ、公式Webサイトの共同利用や、『文フリ』事務局のノウハウ・マニュアルが提供されるとしています。

かなりの大風呂敷を広げた感もあるこの『百都市構想』。2015年4月19日に初めて金沢で開かれ、実現し、2015年10月25日には福岡での開催も決定しています。
ここでは、『文学フリマ』事務局代表の望月倫彦氏と、『文学フリマ金沢』事務局代表を務めた山崎良祐氏にインタビューを実施。『文フリ』が地域での開催を広げていく意味はどこにあるのか、『百都市構想』というネーミングについてもお話を聞くことができました。

条件が整っていた『文フリ金沢』

ーー今回、大阪に続いての地域開催として『文学フリマ金沢』が行われたわけですが、感触はいかがでしょう?

望月倫彦氏(以下、望月):僕の中では、出店申込が100以上集まったところで、8割は成功だというところがあったのです。

山崎良祐氏(以下、山崎):一番気になっていたのは一般来場者だったのですが、フタを開けてみれば総来場者数400人集まってくれました。もともと金沢に文学に興味のある層がいらっしゃったのかもしれません。開催が決まって、地域の新聞が取り上げてくれたのも大きかったです。

ーー大阪の次の開催が、金沢になった経緯も教えて下さい。

山崎:自分がもともと金沢出身で、東京・大阪の『文学フリマ』に出店して「意義深いイベントだな」と感じて、サイト制作やシステムのプログラムのお手伝いをする事務局のスタッフとして参加することになってしばらくしたころふと思いついたんです。

望月:彼が出身だということもあるのですが、2013年に『ニコニコ超会議2』の併催イベントとして『超文学フリマ』をやることになった時に、『博麗神社例大祭』代表の北条孝宏さんと親しく話ができたんです。それで東方projectのイベントは地方開催も強いんですよね。先方とのスタッフミーティングで情報交換をするうち、たまたま『例大祭』のコアスタッフのひとりが、「山崎さんがいるならば金沢でやればいいじゃない」という話をしてくれたんです。

ーー今回の場合、北陸新幹線が開業して間もないタイミングというのも絶妙でした。

望月:京都に劣らない古都だし、新幹線も通るということで、「条件が整っているな」ということになりましたね。あとは、「東名阪ならできて当たり前」という見方をされるので、東京・名古屋・大阪以外の都市がよかったという面があります。

ーー『超文学フリマ』と同時期に『文学フリマ大阪』という7年ぶりの東京以外での開催を敢行して、大きな反響があったのも、ノウハウ面などでも得るものが多かったのでは?

望月:あの時は、現場にいた多くの人もびっくりしたと思うんですよね。300を超える出店者と一般来場者がたくさん来てくれました(総来場者数約1600人)。これには、東京だけでやってきたことへの不満が噴出したような感覚すら受けました。「やっぱり需要はあるんだ」と。
ただ、事務局が落下傘的にやるのは無理なので、地元の人たちが「やります」と軸になってもらわないと現実的ではないんです。

『文学フリマ百都市構想』とは?

ーーそこで、『文学フリマ百都市構想』についてもお話をお聞きしたいのですが。これは、地域で開催をしたい人に対して、『文フリ』のシステムやノウハウを提供するということですよね?

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。