ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWに活躍間違いなし! 『ベイマックス』で解説するディズニーの『MovieNEX』活用法

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ゴールデンウィーク(GW)まっただ中。自宅でのんびり過ごす人、旅行やショッピングに行く人など予定はそれぞれでしょうが、さまざまな場面でエンタメを満喫できるのがディズニーの『MovieNEX』です。4月24日に発売された『ベイマックス』の『MovieNEX』を例に、GW向けの活用法を解説します。

ディズニーの“全部盛り”パッケージ

『MovieNEX』は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが2013年11月に発売した『モンスターズ・ユニバーシティ』から採用しているパッケージの販売形態。ブルーレイとDVDに加えてスマートフォンやタブレットで視聴できるデジタルコピーを提供するほか、購入者はウェブサイト『MovieNEXワールド』から特典となるデジタルコンテンツを利用できるのが特徴です。

『MovieNEX』のケースの中には通常、ブルーレイとDVDのディスクが1枚ずつと、“Magicコード”と呼ばれるシリアルコードを記載した印刷物が入っています。デジタルコピーと『MovieNEXワールド』の利用にこの“Magicコード”が必要になります。ディスク2枚と“Magicコード”がそろうと、ひとつの映像作品について“全部盛り”のパッケージになる、というわけです。

ディスクは自宅用と外出用で使い分け

「ブルーレイとDVD、2枚もディスク要るの?」と思うかもしれません。でも今回のテーマはGWでの活用法。どんな使い分けができるか考えてみましょう。

・自宅ではブルーレイ
ブルーレイは“マスターディスク”として、自宅で高画質な再生環境で楽しみましょう。ディスクに収録している特典映像もDVDより多く、豪華になっています。ちなみに『ベイマックス』では、それぞれ次の特典映像を収録。

ブルーレイ特典映像:
・短編アニメーション 愛犬とごちそう
・製作の舞台裏
・オリジナル劇場予告編
・クリエイターが語るキャラクターの特徴
・未公開シーン(ドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督のイントロダクション付き)
-もうひとつのオープニング ヒロとタダシ編
-もうひとつのオープニング 実行された計画編
-盗まれたもの
-ある夜の出来事
・オリジナル劇場予告編

DVD特典映像:
・短編アニメーション 愛犬とごちそう

・外出先ではDVD
DVDは外出先での鑑賞用に持ち歩いてみてはいかが。ポータブルDVDプレーヤーやカーナビで再生したり、旅館やホテルの部屋に備え付けのDVDプレーヤーで再生できます。

スマホやタブレットで見られるデジタルコピー

ディスクに加えてデジタルコピーを利用できるのが『MovieNEX』最大の魅力。マルチデバイスで、ストリーミングもしくはダウンロードにより作品を視聴できます。手順を追って説明していきましょう。

デジタルコピーの利用には“Magicコード”を使うわけですが、“Magicコード”の使用にはディズニーアカウントが必要。『MovieNEX CLUB』のウェブサイトでディズニーアカウントの登録とログインをしておきましょう。

MovieNEX CLUB
https://disney-studio.jp/movienexclub/[リンク]

『MovieNEX CLUB』にログインすると、“Magicコード”の入力欄に購入した『MovieNEX』の“Magicコード”を入力可能。iOS/Android向けに提供されているスマートフォンアプリを利用すると、QRコードをスキャンして入力できるので便利です。

簡単!便利!スマートフォンアプリ|MovieNEX CLUB(ムービーネックス・クラブ)
https://disney-studio.jp/movienexclub/app/[リンク]

サイトやアプリの「マイワールド」を開くと、デジタルコピーや特典のデジタルコンテンツが利用できます。ここで「『ベイマックス』デジタルコピー(クラウド対応)」を選択。『Google Play』か『niconico』いずれかの動画配信プラットフォームを選んでデジタルコピーを利用します。利用にはそれぞれのプラットフォームでアカウントの登録が必要。一度選んだプラットフォームは変更できないのでご注意を。


『Google Play』ではiOS/Android用アプリ『Google Play ムービー&TV』でストリーミングもしくはダウンロードによる視聴が可能なほか、WindowsとMacではブラウザでストリーミング視聴が可能。『niconico』ではiOS/Android用アプリ『niconicoDRM』によるストリーミング視聴、WindowsとMacではブラウザからのストリーミング視聴に対応します。『Google Play』は吹き替え版のみ、『niconico』は字幕版と吹き替え版の両方に対応という違いもあるので、見たい内容に応じて選択しましょう。

『Google Play』ならオフラインの視聴にも対応


ここからは『Google Play』プラットフォームでの利用について説明していきます。スマートフォンで『MovieNEX CLUB』アプリからプラットフォームを選択すると『Google Playストア』のアプリが起動するので、「ライブラリに追加」をタップするとライブラリに『ベイマックス』が追加されます。ここで「今すぐ見る」をタップするか、『Google Play ムービー&TV』アプリを起動すると視聴が可能に。

『Google Play ムービー&TV』アプリでダウンロードアイコンをタップすると、スマートフォンやタブレットにダウンロードすることができます。ダウンロードしたコンテンツはオフラインでも再生できるので便利。地下鉄やトンネルの多い電車での移動中、電波の悪い山の上の宿泊先、渋滞中のクルマの座席など、GW中はオフラインで視聴できると助かるシーンが多いのでは。

『Google Play ムービー&TV』と『Chromecast』でテレビでも再生可能


デジタルコンテンツをテレビで再生可能にするHDMIデバイス『Chromecast』と『Google Play』を組み合わせると、さらに利用の幅が広がります。『Google Play ムービー&TV』アプリは、iOS/Androidどちらも「画面のキャスト」に対応。自宅のテレビのHDMI端子に『Chromecast』が差さっていれば、スマートフォンやタブレットからキャストして再生することができます。

外出中はスマートフォンで見ていた映画の続きを、帰宅したらテレビに映してそのまま見られるのは意外と便利です。『Google Play』はデバイス間で再生位置を共有できるので、スマートフォンで見た続きをタブレットで見る、タブレットで見た続きをパソコンで見るなどデバイスを変えても連続して視聴することができます。

AndroidとiOSの違いに注意

『MovieNEX』の登場直後は、ダウンロード視聴ができない、AndroidでダウンロードできるようになってもiOSではできないなど、OS間でできることが異なっていました。iOS版の『Google Play ムービー&TV』アプリがリリースされてようやく足並みがそろうことに。

ただし、iOS版の『Google Play ムービー&TV』アプリはHDの再生に対応しないため、『iPhone』や『iPad』の画面ではSD画質での再生になります。『Chromecast』を使うとHD画質で再生できるようです。

HD の映画やテレビ番組の利用 – Google Play ヘルプ
https://support.google.com/googleplay/answer/2528768?hl=ja[リンク]

デジタルコピーをダウンロードする場合、本編1本分のファイルは2GB程度。端末に何本もダウンロードしておきたいという人は、microSDカードにも保存できるAndroidの方がiOSより使いやすいかもしれません。

『MovieNEXワールド』で特典コンテンツを利用する

『MovieNEXワールド』では、デジタルコピーのほか、プレゼントの応募や限定映像、壁紙などの特典コンテンツが利用可能。『ベイマックス』では、次の特典が用意されています。

・限定映像:6人のヒーロ―たち
・限定映像:「ベイマックス」とロボット工学
・限定映像:もっと!未公開シーン
・特別映像:ディズニーのみんなもぎゅっとハグ!
・鉄拳「パラパラ漫画」オリジナルPV
・「魔法の映画はこうして作られる」冒頭映像をチェック!
・描けるかな?ベイマックス
・今だけ!どっちもダウンロード『ベイマックス』ジャケットアート待ち受け2タイプ
・今だけ!ダウンロード<ベイマックス&ヒロ、ぎゅっとハグ!アート>待ち受け
など

期間限定の待ち受けや壁紙ダウンロード、プレゼントキャンペーンも実施中。ログインしなくてもだれでも『ベイマックス』の『MovieNEXワールド』が体験できるページが公開されているので、そちらでもチェックしてみてください。

Disney MovieNEX ワールド|MovieNEX CLUB(ムービーネックス・クラブ)
https://disney-studio.jp/movienexclub/taiken/baymax/[リンク]

このように、ディスクに加えてデジタルコピーや特典コンテンツにより楽しみ方が大きく広がる『MovieNEX』。旧6作品が6月にデジタル配信される『スター・ウォーズ』シリーズも『MovieNEX』で出ないかなあ~。ねえ、ディズニーさん?

『ベイマックス』MovieNEX予告編(YouTube)
https://youtu.be/PftZdC0HDT8

『ベイマックス MovieNEX』(4,000円+税)好評発売中!&デジタル配信中!
※コピーライト: (C) 2015 Disney
※公式サイトURL: disney.jp/baymax

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP