体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GWに活躍間違いなし! 『ベイマックス』で解説するディズニーの『MovieNEX』活用法

GWに活躍間違いなし 『ベイマックス』で解説するディズニーの『MovieNEX』活用法

ゴールデンウィーク(GW)まっただ中。自宅でのんびり過ごす人、旅行やショッピングに行く人など予定はそれぞれでしょうが、さまざまな場面でエンタメを満喫できるのがディズニーの『MovieNEX』です。4月24日に発売された『ベイマックス』の『MovieNEX』を例に、GW向けの活用法を解説します。

ディズニーの“全部盛り”パッケージ

『MovieNEX』は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが2013年11月に発売した『モンスターズ・ユニバーシティ』から採用しているパッケージの販売形態。ブルーレイとDVDに加えてスマートフォンやタブレットで視聴できるデジタルコピーを提供するほか、購入者はウェブサイト『MovieNEXワールド』から特典となるデジタルコンテンツを利用できるのが特徴です。

『MovieNEX』のケースの中には通常、ブルーレイとDVDのディスクが1枚ずつと、“Magicコード”と呼ばれるシリアルコードを記載した印刷物が入っています。デジタルコピーと『MovieNEXワールド』の利用にこの“Magicコード”が必要になります。ディスク2枚と“Magicコード”がそろうと、ひとつの映像作品について“全部盛り”のパッケージになる、というわけです。

ディスクは自宅用と外出用で使い分け

「ブルーレイとDVD、2枚もディスク要るの?」と思うかもしれません。でも今回のテーマはGWでの活用法。どんな使い分けができるか考えてみましょう。

・自宅ではブルーレイ
ブルーレイは“マスターディスク”として、自宅で高画質な再生環境で楽しみましょう。ディスクに収録している特典映像もDVDより多く、豪華になっています。ちなみに『ベイマックス』では、それぞれ次の特典映像を収録。

ブルーレイ特典映像:
・短編アニメーション 愛犬とごちそう
・製作の舞台裏
・オリジナル劇場予告編
・クリエイターが語るキャラクターの特徴
・未公開シーン(ドン・ホール監督とクリス・ウィリアムズ監督のイントロダクション付き)
-もうひとつのオープニング ヒロとタダシ編
-もうひとつのオープニング 実行された計画編
-盗まれたもの
-ある夜の出来事
・オリジナル劇場予告編

DVD特典映像:
・短編アニメーション 愛犬とごちそう

・外出先ではDVD
DVDは外出先での鑑賞用に持ち歩いてみてはいかが。ポータブルDVDプレーヤーやカーナビで再生したり、旅館やホテルの部屋に備え付けのDVDプレーヤーで再生できます。

スマホやタブレットで見られるデジタルコピー

ディスクに加えてデジタルコピーを利用できるのが『MovieNEX』最大の魅力。マルチデバイスで、ストリーミングもしくはダウンロードにより作品を視聴できます。手順を追って説明していきましょう。

デジタルコピーの利用には“Magicコード”を使うわけですが、“Magicコード”の使用にはディズニーアカウントが必要。『MovieNEX CLUB』のウェブサイトでディズニーアカウントの登録とログインをしておきましょう。

MovieNEX CLUB
https://disney-studio.jp/movienexclub/[リンク]

『MovieNEX CLUB』にログインすると、“Magicコード”の入力欄に購入した『MovieNEX』の“Magicコード”を入力可能。iOS/Android向けに提供されているスマートフォンアプリを利用すると、QRコードをスキャンして入力できるので便利です。

簡単!便利!スマートフォンアプリ|MovieNEX CLUB(ムービーネックス・クラブ)
https://disney-studio.jp/movienexclub/app/[リンク]

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。