ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘をピンクのコンサートに連れて行った元妻を訴えた父親敗訴 判事「母親との初めてのコンサートは素晴らしい時を過ごした事実」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 際どい動きや歌詞が登場するピンクのコンサートに、11歳の娘を連れて行った元妻に対して父親が、保護者としての分別を誤ったと訴え行われた裁判で、コンサートに連れて行くのが間違った子育ての証拠にはならないとニュージャージー州判事が認めた。

 地元のニュース、NJ.comによると、少女の両親は離婚しているが、父親は、元妻が2013年12月 ニューアーク、プルデンシャル・センターで開催されたピンクのコンサートに娘を連れて行ったのは、保護者としての分別を誤ったとして訴えていた。

 しかし、州上級裁判所裁判官、ローレンス・ジョーンズは37ページにわたる判決文で、ロックンロールの歴史の要約および、離婚した両親が自分たちの争いに判事を利用する例が増えていることを説明。『ローリング・ストーン誌が選ぶ2008年の100曲』の29位に選ばれているピンクの「So What」には際どい動きや歌詞が含まれるかもしれないが、彼女の作品は思春期直前の子どもにとって必ずしも不適切なものではないと判事は述べた。

 判事は判決文で思春期のメッセージの例としてピンクの「The Great Escape」と「Perfect」の歌詞を引用し、「親権訴訟の問題がすべて解決したのちは、少女が生まれて初めてのコンサートに母親と一緒に行き、素晴らしい時を過ごしたという事実が明白になることだろう」と述べた。

関連記事リンク(外部サイト)

ケイティ・ペリー4年ぶりの来日単独公演、ステージ上でファンと自撮りも
マライア・キャリーが新曲「インフィニティ」を公開!さらに6月リリースのベスト盤の日本盤ボーナストラックに「恋人たちのクリスマス」収録決定!
ポール・マッカートニー、オアシスのギャラガー兄弟にアドバイス「2人でまたいい音楽を作ってみなよ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP