体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VR空間でアーティストが歌うMR(複合現実)ライブを体験できるトヨタ『MIXED REALITY LIVE!』 収録の舞台裏はこうだった

VRの空間でアーティストが歌うMR(複合現実)ライブを体験できるトヨタ『MIXED REALITY LIVE!』 収録の舞台裏はこうだった

4月22日、トヨタは新型『カローラフィールダー』のデジタル企画として、現実とバーチャルが交錯するMR(Mixed Reality、複合現実)の技術を駆使したライブパフォーマンスを、パソコン(PC)やスマートフォンで再体験できるコンテンツ『MIXED REALITY LIVE!』を『TOYOTOWN』で公開しました。「再体験」と書いているのは、実際に行われたライブを、あたかもその場にいるかのように体験できるため。ガジェット通信はこの収録現場も取材してきましたので、その模様を交えてご紹介します。

PCやスマホの360°映像でライブを体験

MIXED REALITY LIVE!

『MIXED REALITY LIVE!』は、新型『カローラフィールダー』のテレビCMに出演しているPUFFY、加藤ミリヤさん、清水翔太さんがテレビCM楽曲『丘を越えて』を歌い継いでいくライブパフォーマンスをPCやスマートフォンで体験できるコンテンツ。

MIXED REALITY LIVE!
http://live.toyotown.jp/

MIXED REALITY LIVE!

「ENTER」をクリックすると、PC版では目の前に草原と道、そして青空が広がる風景のVR映像に。映像はマウスのドラッグ操作で360°視点が変更可能。

MIXED REALITY LIVE!

イントロが流れる中、PUFFYの2人が登場。『丘を越えて』を歌い始めます。

MIXED REALITY LIVE!

VR映像の中に浮かび上がっているように見えますが、画面下の「REAL」をクリックすると、2人がステージ上で歌っている映像を表示。このように、VR映像と現実の映像が交錯し、行ったり来たりしながら楽しめるのが『MIXED REALITY LIVE!』の特徴なのです。

MIXED REALITY LIVE!

180°展開して後ろを振り返ると、現実の映像では一緒にステージを見ているお客さんの姿が。

MIXED REALITY LIVE! MIXED REALITY LIVE!

ステージ上では、PUFFYに続いて清水翔太さん、加藤ミリヤさんが現れて歌い継ぐという豪華なライブパフォーマンス!

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。