ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1Dのルイ・トムリンソンが自身のレコード・レーベルを発足

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンが、自身のレコード・レーベルを発足したことを発表した。

 同レーベルは、サイモン・コーウェルのレーベル“Syco”の傘下にあるとのこと。既にオーディション番組『Xファクター』UK版のファイナリスト、ジャック・ウォルトンと契約したとも伝えられている。

 ザ・サン紙に対しトムリンソンは、「ずっとやってみたいと思っていた事なんだ。可能性のある新人アーティストにチャンスの場を提供できるようになるのは、とても素晴らしい気分さ。そのうち本当にすごい新人たちと契約したいね」と語っている。

 なお、ワン・ダイレクションのメンバーたちは先日、次の(そして先月脱退したゼイン・マリク抜きでの初めての)アルバムの作業を開始した。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン 国内洋楽チャート2週連続1位に、大ヒット“ワイスピ”のあの曲も急上昇
ジョン・レノン ソロ作8枚の重量級アナログ盤収録の『ジョン・レノン BOX』が発売、オリジナル・アルバムのアートワークも忠実に再現
ブラー、12年ぶり新作『ザ・マジック・ウィップ』の全曲先行試聴が開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP