体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芥川賞作家・柳美里が再びガジェット通信に降臨 ~借金して鎌倉から南相馬へ引っ越しました~

芥川賞作家・柳美里が再びガジェット通信に降臨 ~鎌倉から南相馬へ引っ越しました~

2014年10月、芥川賞作家の柳美里(ゆう・みり)さんが、月刊誌『創』(つくる)の原稿料未払い問題をブログで告発して話題になった。柳さんは当時、テレビ局などの取材をすべて断る中、ガジェット通信のみに真相を語っている(以下のURLを参照)。

芥川賞作家・柳美里に直撃インタビュー 〜月刊「創」原稿料未払い事件を語る〜
http://getnews.jp/archives/686281

yumiri2

先ごろ、困窮生活と原稿料未払い問題を赤裸々に綴(つづ)った新刊『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』[リンク]を出版。

新刊出版と軌を一にして、神奈川県鎌倉市の自宅を引き払って福島県南相馬市へと転居した。なぜベストセラー作家が困窮生活を送り、そして敢えて首都圏から福島へと引っ越したのか。柳さんが心境を語る。(聞き手=荒井香織/フリーライター)

「貧乏に不服なし」。野垂れ死にが理想

――2014年10月、原稿料未払いが大きな話題になりました。『創』から提示された当初の単価だと未払いは1136万8078円、『創』執筆者への通常の原稿料だと未払いは174万6200円です。11月初頭、最低見積もり額から源泉所得税や著者献本代金などを差し引いた140万8706円を『創』が支払い、未払い問題は決着しました。

柳美里:未払い問題が大騒ぎになったのは、芥川賞をとった有名な作家が、なんでそんなに貧乏なんだ、という驚きからですよね。でも、出版業界では、芥川賞を受賞したからといって、原稿や印税収入のみで食って行けるわけではないというのは常識なんです。それどころか、芥川賞受賞後、5年10年と売れ続けることは至難の業(わざ)です。受賞後に書けなくなって転職した人もいますよね。

そもそも純文学はそれほど多くは売れません。芥川賞受賞作は数万部から数十万部売れるケースもありますが、受賞後の作品はそんなに売れません。歴代芥川賞作家の初版部数の平均って5000部がいいとこじゃないでしょうか。幸いなことに、わたしの初版部数はもうちょい上なんですが、著者が受け取る印税はだいたい販売価格の10%です。わたしが最新小説『JR上野駅公園口』を出版したのは2014年3月ですが、それから1年間本は出していません。我が家は、家族3人と4匹のネコがいますから、1冊の本の印税で生活できるのは、どんなに切り詰めても、3、4か月でしょうね。「作家=優雅な印税生活」というイメージは幻想に過ぎません。余裕のある生活を送りたいと願う人は、作家という職業を選ばないほうがいいと思います。

――柳さんはこれまで『ゴールドラッシュ』や『命』をはじめとするベストセラーを出してきました。『命』については累計100万部を突破しています。「あの時の印税をプールしておけば良かった」とは思いませんか?

柳:まったく思いません。書くことを仕事に選んだ18歳の時から、「宵越(よいご)しの金は持たない」と公言してきました。出した本がベストセラーになって印税がたくさん入ってきた時は、意地になって使っていましたね。貧乏人の家に生まれたので、貯金があると逆に不安になるんです。なんだかとてつもない悪事を働いてるみたいな心持ちになって……。

現在は、貯金ゼロ、借金1億円以上という経済状態で、生活は不安定ですが、精神は安定しています。先のことは考えません。だから、先行き不安になんかならないのです。老後なんて全然怖くありません。理想的な死に方は野垂(のた)れ死にです。所持金ゼロで、胃の内容物が何もない即身成仏のような状態で、誰にも看取(みと)られずに息絶えたいですね。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。