体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マイノリティ・リポート』の世界はすぐそこ!? 富士通が試作した“虹彩認証”システム搭載スマートフォンがどこまで認識できるか試してみた

『マイノリティ・リポート』の世界はすぐそこ!? 富士通が試作した“虹彩認証”システム搭載スマートフォンがどこまで認識できるか試してみた

街中に設置されたカメラで瞳がスキャンされ、誰がどこにいるのかまる分かり。広告は自分の名前をよびかけ、バーチャル店員は購入履歴を基に話しかける――。そんな未来を描いた映画『マイノリティ・リポート』の中で印象に残るのが、人間の瞳の“虹彩”をID代わりに認証するシステム。富士通が、この“虹彩認証”システムをスマートフォンに搭載した試作機を、3月に開催された『Mobile World Congress 2015(MWC2015)』に出展しました。その試作機をお借りすることができたので、レビューをお届けします。

指紋認証や静脈認証など生体認証をパソコンやスマートフォンに採用してきた富士通。今回は瞳孔の外側にある虹彩のパターンを認識して本人確認する虹彩認証のシステムを小型化、手に持ったスマートフォンと目の距離でも認証を可能にする技術により、スマートフォンへの搭載を実現しています。

虹彩認証 虹彩認証

試作機は、通常のスマートフォンに虹彩認証のユニットを外付けしたもの。赤外線LED照明で眼球を照らし、赤外線カメラで撮影することで虹彩のパターンを取得します。

虹彩認証 虹彩認証 虹彩認証

利用するには、まず自分の虹彩パターンをスマートフォンに登録します。端末を目から20cmほど離して、赤外線カメラの映像で両目が円のパターンの中に入るように撮影。パターンの認識が完了すると登録完了です。

虹彩認証 虹彩認証

ロック画面の解除は、ホーム画面上部に表示される赤外線カメラ映像に、自分の両目が映るようにスマートフォンをかざせばOK。

虹彩認証

アプリのロック解除にも利用できます。試作機では、ギャラリーアプリにロックがかけられていました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。