ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胸を回し、骨盤をグラインド……SEXYなエクササイズに大注目!~マガジンハウス担当者の今推し本『カリスマトレーナーMAKIKOの 美くびれをつくるスパイラルムーブ!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、マガジンハウスです。突然ですが、スパイラルムーブ、ご存知ですか? もし知らなかったらすぐ覚えておいたほうがいいです、これから来ますから!(断言) 今日は、そのスパイラルムーブの第一人者で、4/16に『カリスマトレーナーMAKIKOの 美くびれをつくるスパイラルムーブ!』を発売された、MAKIKOさんこと飯塚万希子さんにお会いできることになりました~。
このMAKIKOさん、すごい方なんですよ。本にある説明を読んでみましょう。「男性ボーカル&ダンスグループのツアーの振り付け監修、有名女性シンガーのPVにも出演経験があるカリスマトレーナー」……これはまさにカリスマ! スパイラルムーブの効果も期待できそうです。 

――――MAKIKOさん、こんにちは。わお、くびれてらっしゃる! これが“美くびれ”ですか……。えと、逆くびれというかむしろ出てるぐらいの人でも、美くびれは作れるんですか?
MAKIKO(以下M) 「そうですね、私のスタジオ(スパイラルモード)に通う生徒さんたちは、元々は普通~ぽっちゃり体形だった方でも、今は皆さんウェスト60cm前後をキープされてます。もちろん食事にも気を配りながらですが、体重が10kg減った方もいますよ」

――――10kg! ……ゴクリ。そんな魅力的なエクササイズ、スパイラルムーブですが、ずばりどういったものなんでしょうか? 
M 「スパイラル、つまり螺旋の動きで筋肉を使いながら体幹を鍛え、ただ細いだけじゃない、美しいくびれを手に入れるエクササイズです」

――――螺旋の動きと聞くと、クネクネ? ぐるぐる? いずれにしてもそんなにハードじゃなさそうなんですが。
M 「確かに、飛んだり跳ねたりするような、心拍数が上がるタイプのエクササイズではないので、一見すると楽そうなんですが、実際はハードですよ(笑)。ただ、ジャズダンスやバレエ、ベリーダンスなどの動きがふんだんに組み込まれているので、トレーニングというよりは、音楽をかけながら楽しんでもらえると思います」

――――百聞は一見にしかずということで、この本にはその動きをMAKIKOさんが丁寧に実演してくださったDVDが付いているんですよね。ここで一部を見せていただいてもいいでしょうか?
M 「もちろん! では立ったままでできるものを少しだけやってみますね。この本ではSTEP1で紹介されています」

――――STEP2では膝立ちで行なうエクササイズ、STEP3では寝た姿勢……と徐々にキツくなっていってるんですよね。では、お願いします! あ、詳しいやり方は本でチェックしてくださいませ。


立って胸を回すスタンディングチェストロール。みぞおちから上を360°回して柔らかくさせます。初級者は8回を3セットが目安。


こちらはスタンディングウェーブ。波のイメージを再現して、全身の柔軟性をUP。お腹を縮めて上半身を倒し、のれんをくぐるように背中を反らしながら起こしていく。これを8回×3セット。

――――おお、ぐるんぐるんしてますねー。そして柔らかい!
M 「そうなんです。スパイラルムーブの特徴は、女性らしくしなやかで柔らかい動き。胸を回したり骨盤をグラインドさせたりするので、セクシーに見えるんです」

――――セクシーな動きでエクササイズして、セクシーな美くびれボディを手に入れるというわけなんですね! 確かに、DVDを見ると、STEP2やSTEP3の姿勢のMAKIKO先生、すんごくセクシーです……」
M 「ありがとうございます(笑)。スパイラルムーブは、何歳からでも、男性でも行えます。動きのバリエーションも多く、ダンスをするような気分で、楽しくエクササイズしてくださいね」


42歳とは思えない脅威のくびれボディのMAKIKOさん。実は声もとっても可愛くてセクシーなので、是非DVDをチェックしてください!(写真:中島慶子)

今週の推し本

■『カリスマトレーナーMAKIKOの 美くびれをつくるスパイラルムーブ!』(飯塚万希子 著)
ジャンル : 実用
ISBN : 9784838727414
定価 : 1188円 (税込)
発売 : 2015.04.16
[http://magazineworld.jp/books/paper/2741/]

MAKIKO先生からの動画コメントも!!
hhttps://www.youtube.com/watch?v=B_W1nJOXdno[リンク]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP