ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ゴーン・ガール』のロザパイ、今度こそ幸せに? サイモン・ペッグ主演『しあわせはどこにある』予告編解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


サイモン・ペッグが悩める精神科医、ロザムンド・パイクがその恋人を演じる映画『しあわせはどこにある』が6月13日より公開。このたび思わず涙腺が緩んでしまうな予告編が解禁となりました。

精神科医のヘクターは完璧な恋人クララと満たされた生活を送っていたはずなのに、日々患者の不幸話を聞いているうちに「幸せとはなにか」に疑問を持ち、旅に出ることを決意。中国からチベット、アフリカ、アメリカと巡るなか、様々な人との出会いと別れ、これまでに体験した事のない経験をしていきます。

“理想的な夫婦”に潜む闇を描いたスリラー映画『ゴーン・ガール』で失踪する“完璧な妻”を演じたロザムンド・パイクですが、今作『しあわせはどこにある』で演じるのは“完璧な恋人”。しかし、あの作品のようなヒリヒリ感はなし! ハキハキとした元気な彼女は、悩める彼の背中を押し、彼の人生の旅を見守ります。予告編では、ヘクターとのスカイプ越しに自分のお尻をペチンと叩くチャーミングなシーンもあり。なんだか可愛いぞ、ロザパイ!


そしてなにより、『ショーン・オブ・ザ・デッド』などのコメディ映画で人気を博し、昨今では『ミッション・インポッシブル』シリーズでも存在感を発揮しているサイモン・ペッグが今作でも非常に良い味を出していそうです。コメディ俳優ですが、ユーモラスななかにキャラクターの人間臭さをにじませるのが上手いペッグ。今作ではチャーミングなひょうきんさはそのままに、その演技力を存分に発揮し、観客の胸をアツくさせてくれそうです。

実はペッグとロザパイの共演はこれが初めてではなく、『ゴーン・ガール』の少し前に公開されたエドガー・ライト監督のコメディ『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』でも、若いころにちょっと“いい仲”だった二人を演じており、ボケ(ペッグ)とツッコミ(ロザパイ)のナイスなコンビネーションを見せています。そのコンビネーションは今作でも期待したいところ。

精神科医・ヘクターが見つけるしあわせはどこにあったのか? 今度こそロザパイ演じる完璧な女性が幸せになることも祈りつつ、公開をお楽しみに! 映画『しあわせはどこにある』が6月13日より全国順次ロードショー。

映画『しあわせはどこにある』予告編――サイモン・ペッグ&ロザムンド・パイク共演(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=OjFWOhP7AeE

予告編が表示されない方はこちら

映画『しあわせはどこにある』公式サイト:http://shiawase-movie.com/[リンク]

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP