ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名古屋 VS 大阪! SKE48とNMB48の直接対決、ビルボード週間シングルチャートの結果は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月13日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”が発表され、アイドルファンの間で話題を呼んでいたSKE48とNMB48の直接対決の結果が明らかに。実売セールスではNMB48のニューシングル『Don’t look back!』に軍配が上がった。

 今週のチャートでは、シングル『Don’t look back!』が実売数12.6万枚で首位を獲得。一方、同日発売のSKE48 ニューシングル『コケティッシュ渋滞中』は実売数9.2万枚で2位となり、キャリアでは後輩にあたる大阪発のNMB48がチャートを制覇して見事に下克上を果たした。

 また、チャートは3位に計10種類の形態でリリースされた己龍『九尾』がチャートイン。“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT”シリーズ第4弾のCANDY ISLANDが4位となり、℃-uteのニューシングル『The Middle Management~女性中間管理職~ / 我武者LIFE / 次の角を曲がれ』が5位にそれぞれ入っている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”
(2015年4月13日付)
1位.NMB48『Don’t look back!』
2位.SKE48『コケティッシュ渋滞中』
3位.己龍『九尾』
4位.CANDY ISLAND『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 04 Happy×2 Days』
5位.℃-ute『The Middle Management~女性中間管理職~ / 我武者LIFE / 次の角を曲がれ』

関連記事リンク(外部サイト)

箱庭の室内楽セッションイベントの第2弾、追加アーティストは、ゆるめるモ!
LinQ、ナオト・インティライミがプロデュースの新曲MVをフルサイズで公開
9nine 武道館ライブのDVD&Blu-rayとニューシングルを同時リリース決定、夏には野音ワンマンも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP