ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【AJ2015】会場最大のステージで大喜利を披露! 『てさプル!アニメジャパンもの』ステージレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3月21日、『AnimeJapan2015』にて『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』ステージイベントが行われた。ステージには西明日香さん、大橋彩香さん、三上枝織さん、高森奈津美さん、石ダテコー太郎さんが登壇。4月から放送されるテレビアニメの情報が続々と発表されるかと思いきや、大部分の時間を大喜利で占めるという“てさ部”らしいステージとなった。

今回で早くも3作目となる『てさぐれ!部活もの』だが、今回は初めて『みならい女神プルプルんシャルム』とのコラボとなる。前作から引き続いて出演している大橋さんは「最初はびっくりして、コラボ先の方が大変だろうなと思いました」、西さんは「かわいそう」とそれぞれコラボ先への感想をコメント。

対する今回から参加の三上さんは「ラジオから派生した漫画なので、どこに行くんだろう」と不安がりながらも、高森さんと2人で「“あの”『てさ部』さんに私達ついていかなくちゃ!」「“あの”『てさ部』さんのように面白いこと言えるかなぁ?」とコメントし、コラボを楽しんでいたようだ。石ダテ監督は『プルプルんシャルム』メンバーのスケジュールを抑えられなかったことが一番苦労した点とコメントしつつも、できたてほやほやの映像も披露された。おなじみのオープニングテーマに合わせて作られた映像であったが、サビに入って少ししたところで映像がストップ。なんと、現状出来ているカットを全て詰め込んでもオープニング尺に足りなかったのだそうだ。1話を再来週に控えた状況で、30分番組の放送尺が現在1分少々しかできていないという事態にアニメ監督のたつきさんは「万策尽きないようにがんばる」との談。

続いて、キャストがそれぞれのキャラクターを演じながらのフリートークに移り「新しい美少女萌えアニメ」についてみんなで考えることに。「みんな主人公のことが大好き」「お嬢様キャラがいる」「無口キャラがいる」など、美少女萌えアニメのイメージを共有した上で「新しい美少女萌えアニメ」についての大喜利がスタート。もはや持ちネタとも思えてきた結愛役・西さんの「あなた誰ちゃんだっけ……?」で傷を負った結衣役の高森さんや、“大人の事情”で心春役の大橋さんがなかなか発言できない中で先陣を切ったのはやはり結愛役の西さん。「主人公が完全にB専だ」と切り込み、「ハーレムなんだけど、個性的な美貌の持ち主たちとイチャイチャしている」というネタからスタート。「希望に満ちた作品」や「そういう男子が増えたらいい」と展開しつつ、最終的に「少子化問題に歯止めをかける作品」という結論に至り会場も爆笑。

一段落ついたところで凛役の三上さんが「1クールアニメなのに登場する美少女が400人!」と続く。「たくさんの美少女が出てくるけど、覚えられないし、観る気が失せるし……」としたところで「これがホントの美少女、もうええ(萌え)アニメだー!」と、まさかのダジャレに会場も思わず拍手。その後も約2000人収容の『AnimeJapan2015』最大スペースのステージでひたすら大喜利が繰り広げられ、キャストの放つネタを受けて会場は笑いや拍手を連発、新シリーズのTVアニメ『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』にも期待できることを再確認できるステージであった。

最後に、今後はキャラソンの発売も決定しているという朗報も発表されてイベントは終了。人数が増えてよりパワーアップした『てさぐれ!部活もの』に今後も注目が集まりそうだ。

てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう
http://www.ntv.co.jp/tesapuru/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP