ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーズ、スマートフォン対応の「モーションスタビライザー」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビーズがストリートスポーツブランド「DUB STACK(ダブスタック)」を立ち上げ、第 1 弾製品となるスマートフォン対応のカメラスタビライザー「モーションスタビライザー DCS235-RD / RCS236-RD」、スマートフォンホルダー「DPC237-DP」を発売しました。DCS235-RD / RCS236-RD はスタビライザー本体のことで、スマートフォン(DPC237-DP 利用時)やカメラに装着して動画を撮影すると、移動時にどうしても発生してしまう振動や手ブレに伴う画面のブレを軽減し、まるでプロなどが使うクレーンで撮影したかのような滑らかな映像に仕上げることができます。DCS235-RD はアルミ素材で出来たエントリーモデルで、230 ~ 950g のカメラに対応。RCS236-RD は上位モデルで、カーボンとアルミを組み合わせて軽量化したほか、搭載可能なカメラの重量も 450 ~ 2,000g に対応させています。搭載可能な端末の重量が 230g 以上となっていますが、上限に満たない場合はカウンターウェイトで調節することができます。価格は、DCS235-RD が 9,800 円 + 税、RCS236-RD が 44,000 円 + 税、スマートフォンホルダーが 1,400 円 + 税となっています。Source : dubstack.jp


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.1に対応した非公式版Xposedフレームワークが公開
トレンドマイクロ、SIMフリー端末向けの「ウイルスバスターモバイル」を4月9日に発売
ASUS製「Nexus Player 用ゲームパッド」は国内では4月7日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP