ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第3回ファッションワールド東京【春】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京ビッグサイトで開催中の第3回ファッションワールドを取材した。出展社数410社、来場25000人を見込む大商談会だ。同展示会はアパレル、バッグ、シューズ、メンズファッションや雑貨を主に取り扱う4展示会の総称で、季節や流行に敏感なメーカー、バイヤー、小売業者、デザイナー等が一堂に会する。

その道のプロばかりなので見る目は厳しい。記者はその中で面白そうなものや目についたものをいくつか取材した。

まず最初に新幹線が目を引いたこの物体。実は携帯デバイス用のバッテリーだ。元々は海外から自動車型のUSBメモリーを輸入して販売している石川県白山市の会社なのだが、日本から見れば外国車ばかりではなじみが薄いと、日本車も製作してすでに販売している。

鉄道車両を使用しようとしたときに、細長いことを生かしてUSBメモリーではなくリチウムイオンバッテリーを組みこんでしまった。JRの商品化承認も取れているそうで、5月くらいを目途に発売予定だ。

容量3000mAhのこのモデルはJR西日本の東海道・山陽新幹線用N700系アドバンスで価格は3980円を予定している。現在試作中のモデルは容量を倍の6000mAhにして、車両はJR西日本の北陸新幹線用W7系とJR東日本のE7系を予定しているとのこと。

 

記者は鉄ヲタなので、ディティールを眺めてみたのだが、台車以外はなかなか凝った造りをしていて、どれも同じように見える東海道山陽新幹線車両だが、JR西日本所属の車両をデザインしたものだと分かるようになっていた。台車部分は今後改良を加えるとのことだった。おせっかいついでに、せっかくなので編成番号を入れるように余計なアドバイスしておいた。

なお、バッテリーという特性を生かしてLED前照灯が点灯するのが芸の細かいところだ。W7/E7系の発売にも期待したい。

次はデザイナーズゲートに出展しているVALENTIJN VANMEIRというブランド。何やら不思議なバックのようなものを発見したので話を聞いてみた。
大の日本びいきのベルギー人で国費研究生として東京藝術大学に所属しているVALENTIJNさんがアクセサリーのデザインと製作を担当し、奥様の金澤文恵さんが服飾のデザインを手掛ける。クラッチバッグという不思議な形のバッグだが、手に差したまま歩けるのは便利そうだ。男の服はポケットや収納場所がたくさんあるが、女性のそれには概して少ない。このバッグにICカード乗車券を差し込むポケットがあればバッグごと自動改札機にかざせるのでよいなどと、無責任なことを言ってしまったが、機能よりもデザイン優先なのがこの世界なんだろうか。

首に巻いてるのがチョーカーというらしい。腕に巻いているのはバングルというらしい。ネックレスとブレスレットとは何がどう違うのかファッションに疎い記者にはよくわからないが、スイーツとデザートの違いのようなものなのか、サンダルとミュールの違いのようなものなのか、ファッションは難しい。しかし、こんな素敵なアクセサリーをしている女性が魅力的なのは間違いない。

ベルギーのコンテンポラリーデザインと日本の伝統美、モードとアートを融合させた日常着がコンセプトなんだそうで、東京発のインターナショナルブランドだ。これらもまだ未発売のもので早ければ7-8月頃から店頭に並ぶ予定。写真のモデルになってくれたのは金澤さん姉妹。日本初の新生ブランドだが、ぜひとも世界に名だたる素晴らしいブランドに育ってほしいものだ。

最後に紹介するのはズバリ、ガラス製品だ。とはいってもアクセサリーではない。男性用爪磨きだ。

実際にやってもらったが、軽くこするだけでピカピカになってしまった。これは癖になるかもしれない。この商品も未発売で5月頃には店頭に並ぶという。値段は1600円と少し高いと思うが、消耗しないので半永久的に使える。オシャレな男性は自分で買うだろうが、プレゼントには案外手ごろな値段ではないだろうか。プレゼントされれば普段はずぼらな男性陣もおそらくマメに磨くと思われる。ただし、「あまりやりすぎると爪を削るものなので、爪が薄くなりますよ」とのことだった。癖になって夢中になりすぎるのは考え物だ。

春のこの季節に秋冬物の流行と売れ筋を読まなくてはならないので大変だが、すでにこの時点で流行は決まっているのであろう。記者はファッションや流行にはめっぽう疎いが、誰か教えてくれる人でも見つけて、少しでも追いつけるように努力はしておきたいものである。

 

※写真はすべて記者撮影のもので、取材内容は主催者、取材対象者とも掲載許諾済み。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「古川 智規」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP