体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地デジハイビジョンを1週間分 全チャンネルまるごと録画! 『地デジ版 SPIDER PRO』発表

SPIDER ロゴ

1週間休みなく、すべてのテレビチャンネルを録画できるというレコーダー『地デジ版 SPIDER PRO』が12月15日(水)に発表された。

『SPIDER』は、もともとアナログの地上波をすべて録画できるデバイスとして、法人向けは『SPIDER PRO』、個人向けは『SPIDER zero』として発売されていた。

今回発表された『地デジ版 SPIDER PRO』も法人向けとしてリリースされたものであるが、果たしてアナログ放送用からどのような変貌を遂げたのか。発表会の内容を元に、その全貌をお届けしたい。

— テレビが“難しく”なった?
PTP代表取締役社長である有吉氏が最初に口にしたのは、「最近、(電気屋の)テレビ売り場に行きましたか?」という言葉。テレビはその機能があまりに発達しすぎてしまったため、「テレビ売り場なのにテレビが主役ではないくらいに、専門用語が並んでいる」という。

PTP 代表取締役社長 有吉氏

言われてみれば「イーサネット」「HDD」という言葉をはじめ「無線LAN」や「CPRM」、「DLNA」、「COPP」といった、様々な言葉がテレビのスペックには関わってきている。

かつて、「テレビは非常に易しく、パソコンが難しい」という図式であったはずが、テレビの機能は増えて複雑になり、パソコンはiPadに代表されるような容易なインターフェースが出現した。つまり、かつての図式の逆転が起きているのだ。これはテレビがパソコンの領域に踏み込んだことにより、“パソコンのかつての難しさ”までも取り込んでしまったのが原因のひとつだ。

『SPIDER』では、こうした複雑さを排除し、気軽に見れる「テレビの良さ」を取り戻すとともに、便利になった部分を強調することに主軸を置いている。

続いて有吉氏は、忌避すべき要素として、「カタログスペックのわかりづらさ」「リモコンのボタンの無意味な多さ」「伝統的すぎる番組表」などを中心に、『地デジ版 SPIDER PRO』の機能を説明していく。

— 「わかりやすい」という思想
こと、パソコンにおいてはCPUのクロックやハードディスク容量、メモリ総量などいわゆるカタログスペックで語られる場面が多かった。『SPIDER』をそうした慣習に当てはめ、スペック列記することはもちろん可能である。しかし今回の発表では、ユーザーにとって“必要なものだけを取り出した形”で披露された。

画質: 地デジハイビジョン画質
容量: 1~2週間分の地デジ8チャンネル分を録画できる容量
外部記録媒体: SDカードスロット内蔵、Blu-ray Disc、DVD対応
接続: HDMIのみ

解像度が1440×1080(HD)であり、録画コーデックはH.264/AVCを用いて、3TBの常時録画領域に保存されている……といった情報が無いわけではない。しかし、これらは大部分のユーザーにとっては不要な”ノイズ”なのだ。このこだわりは思想となってユーザーインターフェースを形作っている。

— リモコンのボタンは多ければ多いほどいいのか?
機能の多さが、そのままボタンの数になってしまっている「テレビのリモコン」。現在、およそ60~70個ものボタンがついているのが当たり前だ。かつて「シンプルリモコン」として家電メーカーが出したリモコンですら、45個のボタンが並んでいたという。

テレビリモコン

そこで「毎日、誰もが使う」「レスポンスが最重要」「いまやネットとの連携は当たり前なのだから、パソコンとの併用を超える操作性」という高いハードルを開発陣は自らに課した。4歳から89歳のリサーチを経てたどり着いたのは“ケータイ”方式。十字キーとボタンのみで、全ての操作を可能にしたという。

リモコン1 リモコン2

また、赤外線リモコンではなく無線方式にしたことで、あの“本体へリモコンを向ける動作”をも無くした。このことによりユーザーの意識を「画面のインターフェースと自分だけ」に集中できるようになったのだ。

リモコン3
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。