体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“Mobile is Here.” 米アドビ社のプロダクトマネージャーがFlashプラットフォームのスマートフォン展開を語る

“Mobile is Here.” 米アドビ社のプロダクトマネージャーがFlashプラットフォームのスマートフォン展開を語る

12月4日、Flash関連製品のユーザーグループが主催するカンファレンス『FITC Tokyo 2010』が開催され、Flash関連の最新技術や先行事例が発表されました。ガジェット通信は、この日のスピーカーとして来日した、米Adobe Systems社のFlashプラットフォーム主席プロダクトマネージャーであるMike Chambers氏にインタビュー。Flash Playerやアプリケーション実行環境『AIR』のAndroidへの対応など、スマートフォン分野に広がるFlashプラットフォームの動向についてお話をうかがいました。


ガジェ通:Androidに対応する『Flash Player 10.1』の普及は、どれぐらい進んでいるのでしょうか?

Mike:(取材日は12月4日)最近発表した数字では270万ダウンロードを記録しています。アプリマーケットからダウンロードされた数が270万で、HTCやモトローラといったOEMからプッシュ型でプリインストールされているものはこの数字に含まれません。実際にインストールされている数はもっと多くなります。

ユーザーからのマーケットでのレビュー数は5万5000、評価は4から5を獲得しています。この反応に対しては嬉しく思っているという状況です。

ガジェ通:『AIR for Android』の方はいかがでしょうか。

Mike:2~3週間前に開催されたイベント『Adobe MAX』で『AIR for Android』を発表したのですが、インストール数は25万。まだ出て2~3週間といったところでその数になっています。レビューの評価は4.5と高い評価になっていますね。

ガジェ通:『AIR for Android』により、Flashで制作したコンテンツをAndroidアプリ化できるようになりましたが、こちらを使って制作されたアプリの数はどれぐらいあるのでしょうか?

Mike:『MAX』の後すぐに確認したところ500強といったところでした。現在ではもっと多くなっていると思います。

特に『AIR for Android』はFlash開発者から大変受けがよく、いろいろなスマートフォン用コンテンツを制作できるということで反応がよいです。

ガジェ通:どんなジャンルのアプリが中心になっているのでしょうか。

Mike:今スイートスポットといえるアプリケーションはゲームだと思います。スマートフォンを使って何をやるのかということで、自然な流れでゲームになるだろうと。

現在、ウェブアプリケーションの開発フレームワークである『Flex』のモバイルバージョン、コードネーム“Hero”というものを開発しています。こちらを使えば『AIR for Android』のアプリの数がもっと増えてくると思います。

アプリマーケットで公開されているゲームを見ると、小規模で軽量なゲームが多いんです。おそらく開発者が最初は小規模のゲームを開発してプラットフォームへの理解を深めていこうとしているんだと思います。その後、よりリッチな深いゲームへと進んでいくと思うので、今後数か月には大規模なゲームが出てくると思います。

ガジェ通:『Flex』のモバイルバージョンについて、もう少し詳しく教えてください。

Mike:どんな『Flex』のバージョンでもFlashのコンテンツになりますので、制作したコンテンツはスマートフォン上でも動作します。現在の『Flex』はモバイル環境での実行を想定して開発されたものではないので、アプリを実行できてもパフォーマンスがよいとは限らないんです。次期版の『Flex Hero』は、パフォーマンス、メモリー、ユーザーのインタラクションが最適化されています。

ガジェ通:モバイル向けアプリケーションのユーザーインタフェースがコンポーネント化されている、ということでしょうか。

Mike:そうです。スワイプできる、ドラッグできるなどモバイル向けの新しいコンポーネントが実装されます。ほかには“スクリーン”というインタラクションモデルで、異なるビューの間を遷移することができます。『Flex HERO』のプレビュー版は『Adobe Labs』(http://labs.adobe.com)で公開中です。

ガジェ通:日本のスマートフォンではまだ、『Flash Player 10.1』や『AIR』が動作するAndroid 2.2対応端末が少ないのが現状です。2.1以下のOSに対応していくとさらに日本でも普及が進むと考えられますが、その予定は?

Mike:今のところAndroid 2.1をサポートする予定はありません。開発にはGoogleと緊密な関係を持って作業を進めていて、2.2でサポートするAPIを使う形でハードウェアアクセラレーションやビデオのパフォーマンスを維持することを担保しています。

ガジェ通:一方で、Android 2.2を搭載していても、一部のスマートフォンでは『Flash Player』や『AIR』が動作しないものがあるようです。一般のユーザーは「Android 2.2=Flashが使える」というイメージがあり、現状は動作する環境がどれなのか分かりづらいのではないでしょうか。

Mike:Android向けの『Flash Player』が動作するには、システム要件を満たしている必要があります。Android 2.2が搭載されていることはひとつの要件なのですが、それだけではなく特定のプロセッサが必要になります。具体的には、『ARM』プロセッサのv7以上。アメリカではアドビのサイトで、動作する端末のリストを公開していますし、端末メーカーが「Flashが動く」と広告で表示しています。日本でもそのように情報を出していくべきだと考えています。

中には、実際に『Flash Player』が動作しても、アドビの方では認定しないというものもあります。動くには動くけれどもパフォーマンスが悪いもの、テストを合格しなかったものなどがありますので。我々はきちんとユーザー体験を担保したいので、認定したものだけをリストに載せています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。