ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

エビゾーの生態を観察する製品 突然の人気にメーカー困惑

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エビゾーの生態を観察する製品 突然の人気にメーカー困惑

市川海老蔵さんが殴打されたという“海老蔵事件”。本人の記者会見により沈静化するかと思いきや、16日には先に殴られたと主張する元暴走族リーダーが反論会見を開く予定であったり、事件をテーマにしたFlashゲームが公開されるなど、まだ世間の注目を集めています。そんな中、ある製品が事件を背景に突然人気を集め、メーカーを困惑させています。

その製品は、タカラトミーの『エビゾー』。“塩水湖の白い妖精”である“エビゾー”をふ化させ、その生態を観察するおもちゃで、昨年3月の発売以来、自由研究に利用する小学生や20~30代の男性に人気の商品です。タカラトミーによると“海老蔵事件”に沸いた先週、『エビゾー』オフィシャルサイトのページビューがその前の週の22倍に膨れ上がるという盛り上がりを見せたとのこと。

『Amazon』のカスタマーレビュー

『Amazon』の製品ページには、事件の話題でこんなユーザーによるレビューが公開されています。

*****
うわさのエビゾーですよ!!
そりゃすごいモンですねこれは!!
つわものどもが夢のあととはこれのこと!!
きりりん氏もびくっりでござる
エビぽっくていいですよねw癒されます
ビームとか出るんじゃないのかって思うくらいかっこいいし
ゾンビゲームに出てきてもビビルくらい
ウニたべたい!!
*****
『Amazon』より引用

そう、掲示板などでよく見られる“縦読み”をすると、「うそつきエビゾウ」と読める内容となっています。

タカラトミーは降って湧いた『エビゾー』人気に「思わぬ話題の波及に若干の困惑をしているところです」とコメント。身近に生物を置いて過ごす癒し系グッズが、芸能人のゴシップに乗って話題になっていることに戸惑いがあるようです。

ちなみにこの『エビゾー』、正式名称はアルテミア サリーナというもので、70年代に『シーモンキー』という名称でブームになった生き物。30代~40代男性は、一度は育てたことがあるのでは?

※画像は下記サイトより引用
ヒーリングラボ エビゾー
http://www.takaratomy.co.jp/products/evizo/
『Amazon』のユーザーレビュー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003EPKY9A/


ヒーリングラボ エビゾー
ヒーリングラボ Evizo (エビゾー)

B003EPKY9A


■関連記事
海老蔵事件をパロったゲームが登場! 灰皿にどれだけテキーラを注げるか
遊びたいけど遊べない? 人気Flashクリエーターがアニメ『Panty&Stocking with Garterbelt』の二次創作ゲームを“動画”で公開
オーラの泉で江原啓之が海老蔵に対してスピリチュアルが的中してた! 「舞台以外での事故・怪我注意!」
「『二ノ国』に付属の本が捨てられてしまいました」とYahoo!知恵袋で相談 「マニュアル43ページ読んだら?」と親切神回答
絵を描けなくてもマンガが描ける夢のソフト『コミPo!』発売 作者の田中圭一先生を囲む座談会

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。