体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギャーーー激ムズアクションRPG『Bloodborne』がキャラクター作成画面から心を折ってくる

すごい勢いで心を折ってくる

2015年3月26日発売のPS4専用アクションRPG『Bloodborne(ブラッドボーン)』を早速プレイ。僕はこの手のゲーム、好きなんですけど、毎回すごく苦労してしまう。何回も何回もやられながら「じゃぁ次はこうしよう」とさまざま工夫をしたり、友達にアドバイスをもらいながら進めるのが結構楽しいんですけどね。でも、好きでも上手くできるとは限らず、なかなか前に進めないのです。そして何回も何回もやられて、そのたびに、ギャーーなのです。家族に「なんでそんなに何回も死んでるの? わけがわからない!」と言われ、心配されるほどなのです。

そして今回、『Demon’s Souls』を生み出した開発チームが新しいアクションRPGを発表、ってなわけでプレイしないわけにはいかない、ということで早速やってるわけです。

……やはり激ムズでした。

ギャーーー死んだ

何度も何度も死にまくりです。

いきなり、最初に出てくる敵からしてムズい。

しかし何回も何回もやられて、ハッと気づいたのですが、死んだら飛ばされる「狩人の夢」という場所、少し散策すれば、武器がもらえたのです。

そうです。素手で戦ってたのですよ。

それにまったく気づかずに、何回もまっすぐ敵のところに突っ込んでいってやられてました。

握りこぶしだけで、自分の4倍ぐらいの大きさの敵と戦ってたのです。

素手で戦っていた

こんなの勝てるわけありません。

しかし、武器をゲットすれば

武器をゲット

素手だとまったく歯が立たなかった敵も

やっつけたー

瞬殺であります。

このゲーム、落ち着いて考えれば別のいい方法があるけど、がむしゃらに進むと苦労してしまうようなつくりのようです。上級者になると、そこを突破していく楽しみもあるのでしょうが、まずは、得られる力は得ながら進める、というふうに考えた方がよいようです。ひろゆきもこのゲームをやってるのですが、「進行ルートを間違えても進めちゃう」ので気をつけた方がよい、というようなことを言ってました。彼はレベル上げの機能をゲットする前にいろいろ探索してて、難易度高すぎと感じていたようです。なので、「いろいろ探索してみる」ってのも重要だなぁと思った次第です。

ゲーム開始前から心を折ってくる

しかしこのゲーム、もともと難しいという触れ込みでしたが、キャラクターつくるところから心を折ってくるというのは、不意をつかれました。キャラクター作成の際、自分のキャラクターの「過去」を決めることができるのですが、いくつか選択肢はあるものの、なんかどれもいわくありげというか……例えば「生まれて来るべきではなかった」という選択肢があったりするわけです。それだけでも随分ヤな感じなのですが、それを選ぶと

生まれるべきではなかった
1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会