ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android AutoのコンパニオンアプリをGoogle Playストアにリリース、実際に利用することが可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が自動車向けの Android OS「Android Auto」のコンパニオンアプリを Google Play ストアにリリースしました。Android Auto が正式に利用できるようになったというわけです(残念ながらアプリは日本の Google Play ストアではダウンロードできません)。Android Auto は、自動車の中でドライバーが安全かつ快適に Android アプリを利用できるようにした Android のことで、主にカーナビやカーインフォテイメントシステムなどのディスプレイを持つ車載機器に実装されます。Android Auto を利用するには Android 5.0 以上を搭載したスマートフォンが必要です。Android Auto に対応した車載システムとスマートフォンをペアリングすると、スマートフォンアプリの UI が車載機器のディスプレイで使いやすいレイアウトで表示されるほか、音声コマンドで通話やメッセージを送信してたり、受信したメッセージを読み上げたり、スマートフォンの回線を利用して音楽を車載システムのスピーカーでストリーミング再生するようなことができます。今回リリースされた「Android Auto」アプリは Android Auto 対応機器とのペアリングなどを行うためのものです。Android Wear とそのコンパニオンアプリのような関係ですかね。重要な対応機器については、現在販売されているのはパイオニアが CES 2015 で発表した「AVH-4100NEX」のみ。これは米国の Amazon などでは $649(約 78,000 円)で販売されています。Android Auto」(Google Play ストア)Source : Pioneer


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z4のディスプレイユニットの写真がまた流出、パーツサプライヤー情報によると5.2インチWQHDディスプレイを採用
TAG Heuer、Android WearとIntelチップを採用した高級スマートウォッチの開発を正式発表
Google Play ミュージックのAndroidアプリでYouTube検索が可能に、アルバムアートの表示領域も拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。