体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

12月10日発売のシャープの電子書籍端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』はAndroid端末ではない?

12月10日発売のシャープの電子書籍端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』はAndroid端末ではない?

シャープは11月29日、電子書籍サービス『TSUTAYA GALAPAGOS(ガラパゴス)』を12月10日から提供開始し、専用端末『GALAPAGOS』を同日に発売することを発表。都内で体験会を開催しました。Androidベースで開発されていることが知られていた同端末ですが、プレスリリースではOSについて「Linuxベース」と記載するのみ。通常のAndroid端末とは一線を画す形で販売されることになります。

電子書籍サービスは、新聞、雑誌、書籍など約2万冊をラインアップして開始します。無線LANに接続した端末に最新版が自動配信される『定期配信サービス』が特徴。2011年春には映像や音楽、ゲームなどのコンテンツ配信を予定しており、同社製スマートフォンからの利用にも対応を予定しています。

専用端末は、5.5インチディスプレーを搭載する『モバイルモデル』と、10.8インチディスプレーを搭載する『ホームモデル』の2種類。12月3日から予約受け付けを開始し、『モバイルモデル』は3万9800円、『ホームモデル』は5万4800円(いずれも税込み)で販売します。

芥川賞作家の平野啓一郎氏

体験会には、12月10日に新作『かたちだけの愛』(中央公論社)を書籍と『GALAPAGOS』向け電子書籍で同時に発売する、芥川賞作家の平野啓一郎氏が出席。自著の電子書籍化について「自然なことと受け止めている」と、多くの人が日常的にパソコンなどの電子文書に触れている昨今、自然な考えで電子書籍というフォーマットを選んだとのこと。今後の新刊も、書籍と電子書籍で刊行していく考えであることを明かしました。

片手で読める『モバイルモデル』

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみました。『モバイルモデル』は片手で持てるスマートフォンサイズで、タッチパネル操作のほかに、トラックボールでページをめくるなどの操作が可能。通勤電車でつり革につかまりながら、片手で読むのにちょうどよい使用感でした。雑誌などはページを拡大して読むのがよさそうですが、小説などの活字媒体は文庫本感覚で読めそうです。

『ホームモデル』は雑誌が見開きで読めます

『ホームモデル』は、雑誌が見開きで読めるタブレットサイズ。1366×800ドットの高精細な液晶は視認性がよく、長時間読んでも疲れることはなさそうです。

『ホームモデル』はウェブブラウザも一覧性がよい

いずれもウェブブラウザと、SNS用アプリ『mixi for SH』『twit SH』を搭載。特に『ホームモデル』ではページの一覧性が高く、ウェブ用端末としても使いやすい印象でした。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。