ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

間食を楽しむ! ダノンジャパン新ブランド『ダノンオイコス』が日本上陸!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
aDSC00332

ダノンジャパンの4年ぶりの水切りヨーグルトブランド『ダノンオイコス』が遂に日本上陸。米国、ヨーロッパなどでは既に成功を収めており、アジアでは初の導入となります。2015年3月23日より『ダノンオイコス脂肪0シリーズ』として”ブルーベリー”、”ストロベリー”、”パッションフルーツ”の3つのフレーバーが順次出荷開始となります。

間食は栄養補填の食機会?!

aDSC00290

朝食イメージの強いヨーグルトですが、『ダノンオイコス』は間食用ヨーグルトとして新たな市場を開拓します。間食というと健康のためには悪いイメージがありますが、栄養素を補う食機会というポジティブなものとして捉えてもらいたいとのこと。何かを食べたいという気持ちをダイエットのためと抑えてストレスを溜めるよりは、低カロリーで美味しくて腹持ちが良いものを適度に取ることが大事なようです。『ダノンオイコス』は脂肪ゼロで100kcal未満、タンパク質が通常のヨーグルトの約2倍含まれている、水切りヨーグルトの濃厚な食感により満足感が得られるなど、間食に合う要素が詰まっています。

日本の需要に合わせた3つのフレーバー!

aDSC00307

日本に合った味として”ブルーベリー”、”ストロベリー”、そして海外で大人気の”パッションフルーツ”の3種類のフレーバーがあります。スプーンが刺さるほど濃厚なヨーグルトにフルーツソースの酸味や甘味がよく合います。

『ダノンオイコス』を日本の食卓に!

aDSC00296

”オイコス”にはギリシャ語で家の意味があるそうです。最先端の技術で作られてはいますが、家に帰ればいつでも食卓にあるようなヨーグルトを目指しているのでこの名前が付けられたとのこと。近年、成長が鈍化しつつあるヨーグルト業界ですが、米国ではヨーグルト市場の約半分を占めている間食ヨーグルト(スナッキングヨーグルト)の導入により、市場の活性化を目指します。

製品名:  ダノンオイコス 脂肪0
種類別:  はっ酵乳
出荷日:  2015年3月23日
発売地域: 全国(物流可能エリア)
賞味期間: 30日間(要冷蔵 10度)
内容量:  110g
価格:   オープン価格
フレーバー:ストロベリー、ブルーベリー、パッションフルーツ

『ダノンジャパン』公式サイト
http://www.danone.co.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
せんとすの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。