体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】公の情報共有はどう進むのか~『記者会見ゲリラ戦記』畠山理仁さんインタビュー

畠山さん

 マスコミのつくった利権団体『記者クラブ』が公の情報発信を阻害している。また、省庁によっては大臣そのものが記者会見オープン化に消極的な場合もある。それらに戦いを挑んでいるのが畠山さんだ。公の情報は原則すべてオープンにされるべきものであるにもかかわらず、なぜオープン化されないのだろうか。実は最近ガジェット通信で連載している「規制」の話と同じ”公式”がここにも当てはまる。「利権団体とお代官様(権力者)が手を結んで、自由なやりとりに圧力をかける」という図式。もちろん、「利権団体=マスコミがつくったカルテルである記者クラブ」であり「お代官様=政治家」である。単純にいうと、マスコミは情報を独占すればするほど得をするビジネスであり、会見が閉鎖的であればあるほど喜ばしい。そして現状、政治家にとってはマスコミに喜んでもらった方がメリットがある、というだけの話。もちろん、政治家にとってのメリットとは「票」である。これらマスコミと権力の共犯関係を崩すのは大変なことである。究極的には政治家の世代交代を待つしかないのでは、という気の長い話になりがちであるが、そこへまさに”ゲリラ戦”を仕掛けているのが畠山さんなのである。フリーライターとして日々記者会見に足を運び、少しずつ、分厚い壁に小さな穴を空けていっているのだ。今回の「連載”シェア”の時代」では、畠山さんに公の情報公開と情報共有の現在と未来についての話をじっくりときいてみた。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物:
畠山=畠山理仁(はたけやまみちよし)。記者会見オープン化を求める活動で注目されるフリーライター。
深水=深水英一郎(ふかみえいいちろう)、ガジェット通信。

畠山理仁(はたけやま みちよし)さんプロフィール
1973年愛知県生まれ。早稲田大学在学中の1993年より週刊誌を中心に取材活動開始。1998年、フリーライターとして独立。2009年9月、記者クラブ加盟社以外にも開放された外務大臣記者会見で、フリーの記者として日本で初めて質問。2010年1月には、東京地検からの事情聴取直後に開かれた小沢一郎・民主党幹事長の記者会見をiPhoneを使ってゲリラ的にインターネットで生中継し注目される。2010年12月1日、扶桑社新書より『記者会見ゲリラ戦記』を出版予定。

●公の情報共有はどう進むのか

――深水:省庁の情報公開の不十分さについての話は後でたっぷりやらせていただくとして、まずは情報共有の未来というところから話をスタートさせていただければと思います。これまでの省庁・官公庁の情報公開というと、一点からの情報拡散のイメージがありますが、さらにそこから情報の”シェア”に発展すると一方的な情報発信とは違って情報の受け手と一緒に議論を深めていくという要素が加わります。それは発信者と受け手とのコミュニケーションだけではなく、受け手と受け手の間の議論も含みます。公開っていうのは、投げちゃったらそのままの一方的なものなんですけども、シェアはその投げられた情報をみんなで共有して一緒に考えていってるようなイメージですね。

畠山:発信をしてきた人に対する打ち返しが必要ですよね。発信される情報もただ単純に出されているというわけじゃなくて、こういう情報を出したらこうなるんじゃないかという事も、考えながら出してきているところは当然あります。ですので、そこは受けた方も、そのまま素直にストレートに受け取るのではなく、ちょっと疑いながら見ていくというのが大事だと思います。向こうの狙い通りに「ああ、そうだね!」ってなってしまうのではなく。

――深水:疑うっていうのは「ジャーナリスト精神を持つ、批判精神を持つ」という心構えのことですか?

畠山:他人の言ってることってあまり信用ならなかったりするじゃないですか? 例えば僕が言ってることだって、自分に都合のいいように言ってる部分ってどうしても出てくると思うので。それをけっこうみなさん素直に受け止めて「あ、そういうことなんだ」という風に受けちゃう人もいらっしゃるかなと思うので。完全否定じゃなくて「そうじゃないかもしれないよね」っていうのを頭のどこかに置きながら、情報を見ていったほうがいいんじゃないかと。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会