ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同性愛について「変態と思うのも自由だと思う」と作家の百田尚樹さん 思慮を欠いたとしてツイートを削除

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、ガジェット通信では
「削除して証拠を消そうという精神が貧しいし、悲しいね。男じゃない」百田尚樹さんのツイートがブーメランすぎると話題に
http://getnews.jp/archives/860785[リンク]
という記事をお伝えした。

『殉愛』発表以降、何かとネット上で話題になる作家の百田尚樹さんのツイートが「見事なブーメラン」であり、「頭に刺さりすぎてバナナの房状態」とネット上で揶揄もされているというもの。その百田さんがまたまた『Twittet』にて物議を醸すツイートを行い、それを削除して話題となっている。

3月15日、百田さん(@hyakutanaoki)は

同性とセックスしたいという願望を持つのは自由だと思うが、そういう人たちを変態と思うのも自由だと思う

とツイートした。

賛同する意見もあったが、批判も多数寄せられ17日には


昨日つぶやいた同性愛うんぬんのツィートは、思慮の欠いたツィートでした。削除します。

と、先述のツイートを削除。

またも
「削除して証拠を消そうという精神が貧しいし、悲しいね。男じゃない」
という過去のツイートが蒸し返される結果となってしまったようである。

また、現在は『殉愛』騒動が百田さんの代表作である『永遠の0』や『海賊とよばれた男』にも飛び火したのか、作品の”ネタ元“を探すという作業も盛んに行われている模様だ。『永遠の0』については、『殉愛』発表以前より坂井三郎さんの『大空のサムライ』や浅田次郎さんの『壬生義士伝』との関連性が指摘されるなどしていたが、『海賊とよばれた男』は主人公が出光興産の創業者である出光佐三さんということで、木本正次さんの『小説出光佐三 燃える男の肖像』の復刊を呼びかける運動等も行われている次第である。

参考:復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=61482[リンク]

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP