ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜洋食の正統派ハンバーグを食す! @横浜 タマガワ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

foodpic5918897

横浜でハンバーグと言えば老舗の『タマガワ』を忘れる訳には行きません。と、言う訳で今回は横浜洋食の代表格『タマガワ』を紹介してみましょう。アットホームな雰囲気で美味しい食事が楽しめるので、横浜でも人気のある名店です。

「世代交代」が進む横浜の洋食屋さん

横浜の洋食屋さんは、すでに3代目に世代交代している店も少なくありません。今回紹介する『タマガワ』も、今は3代目が厨房を任されています。

料理と言うのは難しいもので、同じ材料を使っても料理人が変われば、同じ味にはなりません。食材の切り方や炒め方、煮込む時の火加減ひとつで味が変わります。

なので、簡単に洋食屋さんの3代目と言っても、その店の味を引き継ぐのは大変だと思います。どれだけ教えられてもセンスが無い料理人では、辿り着けない領域があるのです。

時に先代の味と露骨に比較されるので、例え美味しい料理が出来たとしても、それが先代の味と違えば批判の対象にすらなる厳しい世界です。

この「代替わり」で店の味が変わってしまう事も少なくありませんが、昔からの常連客の多い『タマガワ』は、今でも昔と変わらぬ味を提供していると思われます。
良くも悪くも、お客さんは正直なので、味が落ちると途端に離れてしまいますからね。

『タマガワ』は店の味も雰囲気も、どこか懐かしい感じがします。いわゆる「ハイカラな洋食屋さん」のイメージで、内装や食器類まで洋食が流行った古き良き時代、そのままを引き継いでいる感じです。

tama-4_R

日替わりランチが一番お得!

やはりランチタイムのメニューがお得です。『日本ナポリタン学会』に認定された正統派の『ナポリタン』も定番ですし、他にも『オムライス』や『海老フライ定食』なども評価が高い店なので迷ってしまいますね。
迂闊にも筆者はストレートに『ハンバーグランチ』(700円)をオーダーしてしまいましたが、メニューを良く見たら

『日替わりランチ』 ハンバーグ、コロッケ、ウインナーフライ

で730円の方が圧倒的にお得な感じです。店の入り口にいる「熊」のインフォメーションは良く見た方が良いでしょう。
今回は『ライス』は普通盛りですが、サービスで大盛りにも出来るので、お腹の具合に合わせて選ぶ事が出来ます。

tama-5_R

デミグラスソースが絶品のハンバーグ

そして『タマガワ』のメニューから筆者が選んだのは『ハンバーグランチ』です。無論、ハンバーグが好きなのも理由のひとつですが、この『タマガワ』のデミグラスソースは美味しいらしいので、試さない訳には行かないでしょう。

洋食屋さんの顔とも言えるデミグラスソースは、それこそ店によって千差万別です。トマトの酸味が立っていて比較的サッパリしているデミグラスソースもあれば、香味野菜と牛肉(テール、スネ肉など)を深く煮込んで重厚に仕上げたソースもあります。

『タマガワ』の場合は、どちらかと言うと後者の方で、かなり丁寧に仕込まれたデミグラスソースは深い味わいです。

これは食べてみないと伝わらないかもですが、デミグラスソースの照りと言うか艶、写真で言うなら「シズル感」を見ると、ある程度はソースの出来映えが想像出来ると思います。

foodpic5918892

ハンバーグの方は標準的で、特に突出したモノはありません。ボリューム的にも普通でしょうか? 逆に言うと

「まさにハンバーグのお手本」

と呼べる味付けでして、まさにコレが食べたくて『タマガワ』に訪れた筆者を満足させる程の美味しいハンバーグに仕上がっています。このハンバーグを横浜洋食における

「ハンバーグのベーシックスタンダード」

と制定しても問題ないくらいですね。そして『タマガワ』のデミグラスソースを纏う事で名店のハンバーグに生まれ変わるのです。
やはりハンバーグはデミグラスソースと合わせてから、評価するべきメニューと改めて思った次第です。

foodpic5918895

料理の盛り付けも素晴らしい

さらに細かい事を言うと『タマガワ』は料理の盛り方が綺麗です。サラダも彩りが良く見栄えがします。ハンバーグの付け合わせも上手く考えられていますね。ブロッコリーが良い感じです。
無論、味のほうもバッチリでポテトも美味しく揚がっていました。ここら辺も手を抜かない姿勢が、そのまま料理の味に繋がっています。
店内の雰囲気、食器、料理とどれをとっても絵に描いたような洋食屋さんです。

tama-6_R

『タマガワ』 総評

とにかく横浜で洋食を食べ歩くなら、必ず訪れて欲しい店が『タマガワ』です。まさに横浜洋食のベーシックスタンダードと呼べる店かと思います。特に『ナポリタン』はナポリタンの発祥とされている

「ホテルニューグランド初代総料理長 サリー・ワイル氏」

の元で修行した初代の味が受け継がれています。是非、他の店のナポリタンと食べ比べて欲しい所ですね。

それでは、みなさんも是非『タマガワ』に訪れてみて下さい。古き良き時代の洋食が、今でも変わらず楽しめるはずです。

タマガワ

住所   神奈川県 横浜市中区 福富町 仲通1-1

営業時間 月~土 11:30~15:00 17:00~21:00
     祝日  11:30~15:00

定休日  日曜日 (祝日は不定休)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「YELLOW」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。