ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィキペディアからモバイルアプリ登場、ビジュアルで操作性アップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットユーザーのほとんどが、ウィキペディアのお世話になったことがあるだろう。言葉の意味や背景などをさくっと調べられるとあって、現代では必須の情報源の1つだ。

そのウィキペディアが、このほどモバイル端末ネイティブのアプリ「Wikiwand」を投入した。スクロールで見やすい作りになっていて、かなりビジュアルが重視されている印象。

・ウェブエクステンションがベース

このモバイルネイティブのアプリをリリースする前に、ウィキペディアはChrome、Firefox、そしてSafari用エクステンションの提供を開始している。

従来のバージョンを見てもらえばわかるとかと思うが、ウィキペディアの表示は長文のテキストが続いたり、文字が小さかったりと見づらい。なんでも、10年以上同じスタイルが続いていたのだという。

そこで、エクステンションではフォントのサイズを大きくし、またメニューバーを設置、リンクプレビューがポップアップで表示されるようになるなど改良を加えた。そうした点が今回のモバイルアプリにも盛り込まれている。

・Android版も間もなく登場

「Wikiwand」は、iPhoneに最適化しているが、iPadでも快適に使えるとのこと。また、Android版も間もなく登場する見込みだ。スマホやタブレットでよく調べ物をする人は、ダウンロードしておくと便利だろう。

Wikiwand

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP