体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魅惑の焼肉テーマパーク @小田急相模原 焼肉はせ川

foodpic5900239

まさかの「オダサガ特集」と化しつつある感は否めませんが、美味しい物は何処にでもあるって事で記事はサクサク進みます。メジャーもマイナーもローカルも関係ありません。

「美味しければ喰う! 喰ったら書く!!」 そんだけです。

ちなみに、オダサガを知らない全国の一般ピープルに向けてフォローさせて頂きますと

「オダサガとは神奈川県相模原市の小田急相模原駅を指す」

さらに、わざわざ遠方からオダサガに訪れるマニアックな人の為に補足しておきますと、オダサガ(小田急相模原駅)は小田急線、相模原駅はJR横浜線なので注意して下さい。名称は似ていますが、それぞれの距離はかなり離れているので、降りる駅を間違えると悲惨です。

A5、A4の和牛を激安で出す焼き肉屋があるらしい

噂によると小田急相模原駅から徒歩20分、団地の真ん中に最高の焼き肉屋さんがあるそうです。なんでも最高ランクの和牛も安く食べられるとか。

ほほう。

焼き肉なら小一時間は語れる筆者も知らない、焼き肉の穴場があるとでも?

そもそもが、和牛に関しては原価がほぼ一定なので、よほどの仕入れルートでも無い限りは、そうそう安くは提供出来ないはず… これは噂の真偽を確かめる必要があるでしょう。

ちなみに、魚などは旬、もしくは大漁だったりすれば仕入れ値は大きく変動します。なので、タイミングが良ければ良い魚を安く食べる事も可能です。
しかし、食肉業界に関しては需要も供給も一定のレベルにあり、それこそ「狂牛病」みたいな社会を揺るがす騒動でも無い限りは、ほぼ値段は一定です。

foodpic5900241

電話で予約して行ってみた

とりあえず「完全予約制」らしいので、電話をしてみます。しかし全然繋がりません。っていうか、まるで繋がる気配がない…
いや、確実にコールしてるのですが、受話器を取る気配がないとも言えます。
これは一体、どういう事なのか?

とりあえず店がオープンする17時、そのチョイ前に電話してみる事にしました。この時間なら店に人が居るはずだし、まだお客さんは来ていないはずなので、受話器を取る時間もあるでしょう。

そして週末を予約してみました。すると間髪入れずにマッハで断られました…

とりあえず金土日はずっと先まで予約で一杯らしいです…
どんだけの名店ですか?

仕方ないので酒は諦めて平日の夜に予約してみました。もはや曜日を指定出来る余裕はないので

「直近で2名、予約入れる日でお願いします」

と言う、とりあえず入店させて下さいお願いします(涙目)みたいな予約になってしまいましたが、仕方がありません。とにかく「肉」を試させて貰おうじゃありませんか。

foodpic5900299

店と言うよりも普通の家だよね → 『焼肉はせ川』

筆者の場合、友達の家から徒歩数分の場所にあったので、さして迷う事はありませんでしたが、一般人は店に辿り着くのは不可能かと思われます。
そして、よしんば店の前を通りかかっても確実にスルーしてしまうでしょう。

「店と言うより普通に家ですが、何か?」

一応は『焼肉はせ川』の看板がありますが、夜でもライトアップされていないので確認するのは難しいかと思われます。
っていうか、夜しか営業しないのに看板に照明が無いとか正気ですか?

しかし、店の近くを通ると「美味しそうな肉を焼く匂いがする」ので、眼を瞑って嗅覚を頼りに道を辿れば『はせ川』に辿り着けるかもしれません。

そして、店の扉… と言うよりも家の玄関をガラガラっと開けると、そこには異様な空間が…

hase-1_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。