体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【食紀行】第一回・アフリカ料理を食べまくってキタよ

食は思い出。初めて入った吉野家のドキドキ、お別れの日に食べたイタリアン、学校帰りのソフトクリーム。食べた回数だけきっと思い出は生まれていきます。それはまた、出会いの数だけ食べものがあるってこと。そんな未だ見ぬ出会いを求めて、今日は新宿三丁目にやってきました。

演芸の殿堂・新宿末廣亭のほど近く、いかがわしい強烈な客引きの誘惑を振り切ったその先に「African Restaurant & Bar esogie(エソギエ)」はあります。そしてそこで待つものは、未だ味わったことのない不思議ウマウマ料理の数々だったのです。

フレンチと言えばおしゃれ料理で生クリーム的なそんな感じ。イタリアンは麺とピザ、中華は5000年位の歴史で韓国はキムチというのがその国の名前を聞いた時の料理のイメージだったりします。だとすると、アフリカ料理ってどんな味?って素直な疑問がむくむくとわき上がりまくるわけです。よく知らない暑い国の料理は大体がスパイシーで辛いの法則は、このアフリカ料理にも当てはまるのでしょうか。

では早速料理の写真をご覧頂きたいのですが、何というか、どうやって作ってるのはよくわからない料理ばかりですので、正直上手く説明出来ません。
「おお!ウマい!」
「日本人にぴったしの味だお!!」
「スパイス臭いとかそんなんもなくてすごく素直な感じ!!!」
とか、大体ボキャブラリー的にはそんな感じです。
これはライターの表現能力が不足しているわけではなく、アフリカ料理がかなり未知すぎたからであることは言うまでもありませんので、大目に見ることを強くお勧めします。

そんなわけで、未知の料理の数々をじっくりご覧下さい。
猛烈に暗い中でのフラッシュ使わない撮影だったので、色々写真的にアレなのは気にしなくてもおkです。

スヤ 生の紫タマネギと焼いたマトン(下味付き)を和えて、上にキャッサバの粉的な何かを振りかけたものです。ちょっと辛くてかなり旨いビールにあうウマウマ前菜なのです。

ゴォンゴォン アフリカ版のトリッパです。つまり牛さんの第二胃袋(通称ハチの巣胃)を切ったり煮たりした上に辛く味付けしたものですね。おいしゅうございました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。