体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】所有と消費が美しい、という時代は終わったのか?――『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー(1/4)

シェアという考え方

所有と消費が美しい、という時代は終わったのか?

かつて僕たちの周りにはモノが溢れかえっていた。誰もが欲しいものを手に入れ、自分自身で所有したがった。でも、それって本当に自分で所有する必要があったんだろうか。たまにしか使わないものを自分の部屋に置いておくことに意味なんてあったんだろうか。一回しか読まない本を本棚に並べる理由なんてホントのところはないんじゃないだろうか。
たまにしか着ない服、たまにしか乗らない車。それってレンタルでいいんじゃないだろうか。時代が変わり、”所有と消費”そのものの意味が再考されているような気がする。

積極的な非所有、楽しみのための”シェア”

もちろん、高額なものに関しては”節約”のために『非所有』を選択する場合もある。
しかし、それだけではなく、非所有を選択する人達に、さらなる面白みや価値を提供するサービスが登場してきている。それが”シェアサービス”。シェアという発想のおかげで、今『非所有』が面白くなってきている。場合によっては『所有』より面白くなってきているのだ。シェアされるものは本や車などの『モノのシェア』だけではない。シェアオフィスなど『空間のシェア』や『情報のシェア』などもある。ウェブサービスを含めるともっと高度で面白いシェアサービスが生まれてきている。それら”シェアサービス”に実際に関わる方々の声をきいてみたい、というところからこの企画はスタートした。”シェア”の現状、そして”シェア”の未来について主に実践する人達の話をききながら考えていきたい。

本を”シェア”する『ブックシェアカフェ』

今回お話をきいたのは『ブックシェアカフェ高円寺店』の菅谷さん。2010年8月に東京杉並区の高円寺に登場したこのお店のシステムはとても斬新だ。ざっくりと説明するために、まずは漫画喫茶をイメージして欲しい。ただ、漫画喫茶とは以下が違う。

・個室がない。全席オープン
・ゲーム用PCは置いてない。iPad+キーボード常備
・月額2000円で、月何回でも利用可能。1時間350円のプランもあるけど、月額がかなりお得。混雑時は制限あり。
・読みたい本は必ずレジPOSで”ピッ”とやってもらう。すると読んだ本が会員制サイト「みんなのレビュー」にでてくる。

もちろん、漫画喫茶で見かける以下のようなサービスも
・電源や無線LANが自由に使える
・飲み物はセルフで飲み放題

どうだろうか。漫画喫茶っぽいんだけど、明らかに通常の漫画喫茶とは何かが違う。どちらかというと雰囲気は図書館に近いかもしれない。サイトにログインすれば、他の会員がどんな本をよく読んでいるか、ランキングなども表示される。なかなか面白く実験的なことを実践しているお店だ。この『ブックシェアカフェ』はどうやって生まれたんだろう。お店を訪問し、企画担当の菅谷さんにお話をきいてきました。インタビュー内容は複数回に分けて掲載していきます。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物
菅谷=菅谷洋一さん。『ブックシェアカフェ』企画担当。
深水=ききて。深水英一郎(ガジェット通信)

所有と消費が美しい、という時代は終わったのか?

●お客さんにお店の権限を開放したい

――深水:モノは所有し消費するのがこれまでの美しさだったと思うのですが、そこから脱却した「シェアする」という考え方がゆるやかに広がってきているように感じます。そのなかでもこの「ブックシェアカフェ」の発想にはとても新しいものを感じました。どういったところからこのお店のコンセプトが生まれてきたんでしょうか。

菅谷:そうですね。お店の仕入れ担当とか本部の販促部とか、そういう人間がどの本を置くかを決める権限を持っているわけですが、それをできるだけ利用者に開放したかった、ということになります。いろんな人が、本のポップも書けるし。実際にそれを仕事としてやる人って「ああ、やべえ。明日までにあと10枚書かなきゃ」って話になって。そうするとメーカーから届いた資料をコピペして、字数を合わせて入稿するというのがオチだと思いますが、そうじゃなくて、ちゃんと読んだ人が、読み終わった感想でもってポップを書けばいいなあと。お店側の機能をできるだけユーザーに任せていきたかったというか。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。