ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

犬も『Twitter』に投稿できる! 犬語翻訳アプリ『バウリンガル for iPhone』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バウリンガル for iPhone


インデックス・ホールディングスは、犬の鳴き声を分析して人間の言葉で表示する“犬語翻訳機”『バウリンガル』の『iPhone』アプリ『バウリンガル for iPhone』を公開しました。これまでの「ボイス翻訳」機能はもちろんのこと、翻訳結果を方言で表示できる辞書も追加。さらに、『Twitter』との連携により愛犬が“つぶやく”『バウイッター』機能も搭載しています。

『バウリンガル』は、2002年9月にタカラトミーから発売し国内外で大ヒットした犬語翻訳機。ノーベル賞のパロディ版『イグノーベル賞』で“平和賞”を受賞するなど、各界の話題をさらいました。今回は、この『バウリンガル』をインデックス・ホールディングスが『iPhone』アプリとして開発し、『App Store』にて提供を開始しました。

『バウリンガル for iPhone』では、従来の『バウリンガル』と同じく、犬の鳴き声を「楽しい」「悲しい」など6種類の感情に分類して、リアルタイムに声紋分析し人間の言葉で表示する『ボイス翻訳』機能を搭載。犬種を設定すると翻訳の精度はさらにアップします。また、翻訳結果を『土佐風味(土佐弁風)』『関西風味(関西弁風)』、『オス言葉』『メス言葉』で表示することも可能。さらには、「犬の鳴きまねをした人間の音声」を犬の気持ちに変換して文字表示するスペシャル辞書『犬の道』も搭載しました。

バウリンガル for iPhone

また、『iPhone』アプリならではの機能として、『Twitter』アカウントと連携させることで『翻訳機能』で翻訳した愛犬のメッセージを「つぶやき」として投稿する『バウイッター』機能も搭載。愛犬用のアカウントを作成すると、『Twitter』上で飼い主×愛犬の文字コミュニケーションも可能になります。また、愛犬との投稿・返信内容は『バウイッター』上ではセットで表示されるほか、『バウリンガル for iPhone』を利用する他の愛犬家や愛犬との投稿・返信を閲覧したり、フォローすることもできます。

愛犬とのコミュニケーションも『Twitter』でする時代! とまでは言いませんが、愛犬家にはたまらないアプリかもしれませんね。今後、辞書機能に“ギャル言葉”などを追加するなど、さまざまな機能を実現していく予定とのこと。価格は標準600円ですが、現在はリリース記念キャンペーン価格で450円(税込み)。
 
(c)Index corporation
 
 

■関連記事
愛犬は太り過ぎ? 犬も早食いで太る!? アイリスオーヤマが“愛犬の食事情”を調査
あの『バカドリル』が『iPhone』アプリに登場! 無料版『タダドリル』も同時配信
『Twitter』で励まし合える禁煙アプリ『禁煙なう』が登場
『iPad』で使いたい“電子文房具” 無印良品のノートやカレンダーがアプリに!
飲み会やパーティを盛り上げる効果音48種類を収録したアプリ『SEPlayer』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。