ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上司の言ってることが聞き取れない! どうやって聞き返したら怒られないのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「分かったフリはいけません。分からないことは、理解できるまで確認してください」――。新人研修などで口酸っぱく言われるセリフだが、聞き返すべきとは分かってはいても、なかなかできないこともある。

2月20日、2ちゃんねるに立てられたスレッドが「あるあるすぎてワロタ」と共感を呼んでいる。スレタイは「上司『俺君、○△*◇ー?』 俺『はい?』 上司『○△*◇ー?』 俺『あ、はい、ハハハ』」というものだ。
「てめえほんと使えねえな」と怒られた人も

スレ主は上司の言っていることが聞き取れず、1度は聞き返したものの、2度目は勇気が出なかったらしい。適当に相槌を打って分かったフリをしていたところ、後で行き違いがあって叱られたという話だ。

仕事の基本に則れば、スレ主は自分が理解できるまで何度でも聞き返すべきだった。しかしネットのコメントを見ると、「2回以上聞き返せないよな」と考える人が多い。

「聞き返したら不機嫌になるやーつ。私の上司です」

中には聞き返したところ、いきなり「てめえほんと使えねえな」と言われたという人も。仕事でどうしても大事なことだったから「10回くらい聞き直した」ところ、「もちろん嫌われた」と明かす人もいた。

確かに上司ならずとも、何度も聞き返されたらイライラすることも事実だ。しかし、伝わってこそのコミュニケーションであり、話をする側にも伝える努力が必要である。勝手なタイミングで話しかけて、相手が不意を突かれることもあるだろう。

「急に話しかけられても聞く体制(態勢)に入ってないから、声は聞こえても何言ってるか認識できんわ」

聞き取れない原因には、話の内容が不明確であることのほか、上司の声質や滑舌が悪い場合もある。それでも聞き返されると、相手の耳や理解力が悪いと思ってしまいがちだ。さらにこの問題を難しくするのが、これからの季節に増える「花粉症」である。
笑いと謙虚さで「ご、ごめんなさい聞こえないです」

花粉症になって鼻が詰まった上司は、ただでさえ聞き取りづらい声がこもり、マスクをつければさらに遮られる。アレルギー症状でイライラしているから、聞き返しても怒られる確率が格段に高まることになる。

では、どうしたら怒られずに目的を達することができるのか。「人に話しかける時くらいマスクを外せって思う。何言ってんのか聞き取れんわ」と憤る人もいるが、あるユーザーはこんな部下の処世術を披露している。

「3回目の聞き返しなら、笑いながら『ご、ごめんなさい聞こえないですw』とか言えばたいがい笑いながらゆっくりはっきり言ってくれる。あくまで『聞き取れない自分の耳がおかしい』体も大事かも」

相手のせいにせず、あくまでも自分が悪いという雰囲気を出せば、関係がギスギスしないということだろう。笑いと謙虚さを用いるのは、手軽で現実的と言えそうだ。

あわせてよみたい:花粉症の人は「沖縄で働いていいよ!」というITベンチャー
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP