ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディープな小倉を堪能 名物「サバのぬかみそ炊き」を食してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

以前、博多名物「辛子明太子」の作り方を記事で紹介しました。

※参考 博多名物辛子明太子を自作してみた
http://getnews.jp/archives/829018 [リンク]

全国区になった福岡名物ですが、実は福岡って北九州地区、福岡市周辺、久留米などの筑後地区で食文化が分かれています。
僕の郷里の北九州では、豚骨ラーメンも親しまれていますが、「うどん」も負けず劣らずポピュラーだったりします。

JR小倉駅のホームにも、立ち食いうどんのお店があったりします。実は、博多名物豚骨ラーメンって、戦後に普及したものなんですね。
少なくとも博多の豚骨ラーメンは、戦前、日本の植民地だった台湾から引き揚げてきた名古屋の方が、博多で台湾料理をモチーフにして始めたという説が有力です。
福岡南部の久留米市が、豚骨ラーメンの発祥の地と言う説も有力視されていますが、もともと軍の基地があった場所なので、台湾経由で持ち込まれた可能性が高いのではないでしょうか。

それ以前は、麺類といえば、うどんがポピュラーでした。北九州のうどんは、四国から持ち込まれたもので、麺がしこしこした食感なのが特徴。それに対して博多のうどんは、舌で押してつぶれるくらいの柔らかさが特徴です。

北九州のうどんは、かしわ(鶏肉)を甘辛く煮たものをトッピングしたものが乗せられたものが多く、博多地方の「ごぼう天(ごぼうのかきあげ)」、「天ぷらうどん(さつま揚げがトッピングされたもの)」などが多いです。

観光で訪れたら、食べ比べしてみると面白いかもしれませんね。

こういった食文化の違いがありますから、北九州は、まだ全国区になっていないおいしいものも多いです。
その中でおすすめしたい北九州名物といえば、「ぬかみそ炊き」。

いわしやサバなどの青魚を、ぬかみそに漬けて煮込んだものです。

サバの味噌煮の甘さを抜いて、香ばしくしたような風味。ぬかみそ臭さは感じないから意外に思われるかもしれません。

冷蔵庫のない時代に青魚を保存するために、ぬか床に入れて腐敗を防いでいたのがはじまりなのだとか。
老舗になると、100年前のぬか床を使って「ぬかみそ炊き」を作るお店もあります。

JR小倉駅からほど近い場所にある旦過市場(たんかいちば)を散策すると、昭和なテイストの商店街の中に、名物「ぬかみそ炊き」の看板が目立ちます。対岸がふぐやうにで有名な下関ということもあって、新鮮な魚介類や加工品を安価に手に入れることができます。
お土産探しや食べ歩きにはおすすめの場所ですね。

おなかが満腹になった後は、昭和なテイストが残る町並みを散策してみるのもおすすめ。

実は、北九州って、映画のロケで使われてる場所があちこちにあります。映画ファンの方でなくても、町並みを散策しながら、探してみるのも楽しいかもしれませんね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP