ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、SmartBand SWR30のアプリ・ファームウェアを3.0にアップデート、ウォッチフェイスのカスタマイズ機能やSTAMINAモードを追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile がリストバンド型活動量計「SmartBand Talk SWR30」の Android アプリと本体ファームウェアのアップデートを行いました。Android アプリの新バージョンは「3.0.0.102」で、本体ファームウェアの新バージョンは「3.0.0.50」になります。今回のアップデートで、ウォッチフェイスの切り替えやカスタマイズが可能になったほか、消費電力を抑制する「STAMINA モード」が追加されました。ウォッチフェイスは「マイアプリ」セクションの「ホーム」で切り替え・カスタマイズでき、STAMINA モードは「設定」で ON / OFF できます。STAMINA モードは本体の表示を止めてアクティビティーの記録だけに絞る機能で、SmartBand SWR10 に近い内容で運用できますが、電源ボタンを押すと時刻やアクティビティが表示されるので、SWR10 よりも機能的です。SmartBand Talk」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、MWC 2015で発表する新機種の防水対応をアピール
Mozilla、Android用「Firefox 36」を正式リリース、タブレットUIを刷新、HTTP/2を正式サポート
YouTubeのAndroidアプリでアップロード時に動画のトリミングが可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP