ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、1年半で機種変更しやすくする「機種変更先取りプログラム」を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは2月24日、通常は 24 か月間の長期契約期間を実質的に 18 か月間に短縮する新サービス「機種変更先取りプログラム」を 2 月 27 日より提供すると発表しました。機種変更先取りプログラムは、機種購入の際に別途加入し、月額 300 円のプログラム料を支払うことで、19 カ月目以降に機種変更した場合でも前の機種の割賦残金を免除するサービスです。KDDI が最初に始めた「アップグレードプログラム」のソフトバンク版になります。開始時点での対象機種は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、DIGNO Uの 3 機種。もちろん、19 カ月目 ~ 25 カ月目に機種変更した場合は支払ったプログラム料の一部が、26 か月目以降に機種変更した場合はそれまでに支払ったプログラム料全額が返金されます。サービスへの申込窓口はソフトバンクショップとソフトバンクオンラインショップです。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Twitter、見逃しツイートの表示機能をAndroid版にも提供開始
Sony Mobile、Xperia E4のLTEモデル「Xperia E4g」を正式発表、プロセッサをクアッドコア1.5GHzにアップグレード
「Moto 360」 ゴールドメタルバンドモデルがスペインのAmazon.esでも発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。